1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネットラーニング、デジタル修了証明書『オープンバッジ』発行開始

2020年7月11日

ネットラーニング、デジタル修了証明書『オープンバッジ』発行開始

ネットラーニングは9日、同社が提供しているeラーニングコースの受講者向けに、オープンバッジ発行サービスを開始したと発表した。

オープンバッジは、ブロックチェーン技術を使うことで、改ざんや偽造を不可能とし、信頼性が高く、インターネット上でいつでもその内容を証明することができる、デジタル修了証明。

「学歴より学習歴」といわれる時代において、学習歴の証明とその信頼性は大変重要視されてきているという。

世界標準規格で定められたオープンバッジは、数年間の間に世界で1億個近く発行されたとも言われている。そして、日本でもいよいよ本格的なオープンバッジの発行が開始。

同社のLMS(ラーニング・マネージメント・システム)は、世界ではじめて、「オープンバッジ」の全機能を装備するLMSとして、IMS Global Learning Consortiumによって5月に認定。

日本でも、4月のサービス開始からわずか3ヵ月で、すでに国際教養大学など16社・校ほどが、発行済みまたは発行に向けて準備中。

ネットラーニングが提供するeラーニングコースにオープンバッジを発行することで、受講者の自律的・自発的な学習を促進し、90%の修了率を誇るネットラーニングの講座修了率をさらに押し上げるという。

オープンバッジ発行対象eラーニングコースは、「はじめての情報技術」「はじめてのアルゴリズム」「C言語プログラミング Step1」「C言語プログラミング Step2」「Eclipseで学ぶ!実務 C言語プログラミング」「【Java SE 8 対応】 Java プログラミング Step1」「【Java SE 8 対応】 Java プログラミング Step2」「【Java SE 8 対応】 Java プログラミング Step3」「Python プログラミング Step1」の9コース。今後対象コースを増やしていく予定。

関連URL

ネットラーニング

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス