1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネットラーニング、デジタル修了証明書『オープンバッジ』発行開始

2020年7月11日

ネットラーニング、デジタル修了証明書『オープンバッジ』発行開始

ネットラーニングは9日、同社が提供しているeラーニングコースの受講者向けに、オープンバッジ発行サービスを開始したと発表した。

オープンバッジは、ブロックチェーン技術を使うことで、改ざんや偽造を不可能とし、信頼性が高く、インターネット上でいつでもその内容を証明することができる、デジタル修了証明。

「学歴より学習歴」といわれる時代において、学習歴の証明とその信頼性は大変重要視されてきているという。

世界標準規格で定められたオープンバッジは、数年間の間に世界で1億個近く発行されたとも言われている。そして、日本でもいよいよ本格的なオープンバッジの発行が開始。

同社のLMS(ラーニング・マネージメント・システム)は、世界ではじめて、「オープンバッジ」の全機能を装備するLMSとして、IMS Global Learning Consortiumによって5月に認定。

日本でも、4月のサービス開始からわずか3ヵ月で、すでに国際教養大学など16社・校ほどが、発行済みまたは発行に向けて準備中。

ネットラーニングが提供するeラーニングコースにオープンバッジを発行することで、受講者の自律的・自発的な学習を促進し、90%の修了率を誇るネットラーニングの講座修了率をさらに押し上げるという。

オープンバッジ発行対象eラーニングコースは、「はじめての情報技術」「はじめてのアルゴリズム」「C言語プログラミング Step1」「C言語プログラミング Step2」「Eclipseで学ぶ!実務 C言語プログラミング」「【Java SE 8 対応】 Java プログラミング Step1」「【Java SE 8 対応】 Java プログラミング Step2」「【Java SE 8 対応】 Java プログラミング Step3」「Python プログラミング Step1」の9コース。今後対象コースを増やしていく予定。

関連URL

ネットラーニング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス