1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Kaien、発達障がい児のための「オンライン療育プログラム」を提供

2020年7月16日

Kaien、発達障がい児のための「オンライン療育プログラム」を提供

Kaienは、同社の教育ブランド「TEENS」で、発達障がいのある小中高生向けオンラインプログラム「TEENSクエスト」の提供を、今月1日から開始した。

このオンラインプログラムは、発達障がいの子やその家族の将来の不安を軽くし、自分を知り社会を理解することで希望を高めていくことを目的に開発された。

これまで、発達障がいの子のためのキャリア教育は、PC練習やあいさつの練習など、スキル向上のためのトレーニングが主だったが、「TEENSクエスト」は自分の特性を理解して強みを活かし弱みを補完する術を身に付けることができる、自己理解のためのプログラムで、悩める思春期の子どものために開発。

「イライラのトリセツ」「自分の強みを発掘しよう」「高校受験準備シリーズ」など、120種類以上の多彩な動画プログラムがあり、受講者の発達段階や困り感に合わせて選択できる。

また、チャットや投票機能を通じて参加しながら学びを深める「ライブ」を、平日毎日3チャンネル生配信している。

小学生向けの「プレティーンズチャンネル」は、認知機能向上のためのトレーニングや、好奇心を刺激するお楽しみチャンネルで、中高生向け「ティーンズチャンネル」は、「イライラしたらどうする?」など様々なテーマについて討論できる。

また、特化型の「ネオティーンズチャンネル」は、MOS対策講座など将来に向けて具体的な準備をしていくチャンネル。

同プログラムは現在、「TEENS」の各教室と全国のパートナー放課後等デイサービス事業所で受講できる。個人向けの販売は行っていない。

関連URL

Kaien

大人の発達障がいサービスサイト

子どもの発達障がいサービスサイト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • その問題、弱点にきちんと効いていますか? スタディサプリ 塾・予備校向けサービス 無料オンライン説明会予約受付中
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス