1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デザイン学習サイト「chot.design」、アップデートで新たに2つの機能を追加

2020年7月27日

デザイン学習サイト「chot.design」、アップデートで新たに2つの機能を追加

chot Inc.(ちょっと)は、同社のデザインが学べる学習サイト「chot.design」をアップデートし、デザインやコーディングの基礎がじっくり学べる「有料カリキュラム」と、応用テクニック動画やプロ講師からの添削が受けられる「トレーニングセンター」の2つの機能を、22日から追加した。

昨年7月1日に提供を開始した「chot.design」は、これまでに500本以上のWebデザイン・UI/UXデザインに関する学習教材を無料で提供。また、マガジン・Q&Aフォーラム・しごとさがしなど、様々な機能を開発・提供している。

今回追加した「有料カリキュラム」は、WebデザインやHTML・CSSなどの技術を、分かりやすい動画とテキストで学ぶべるカリキュラム。

現在は、Webデザインについて学び始めたばかりの初心者向けカリキュラム2本を提供中。有料カリキュラムは「買い切り」システムで、一度購入すればいつでも見ることができる。

一方、「トレーニングセンター」は、基礎的な学習を終えて、より本格的にプロを目指していく人や、Webデザイナーとしてスキルアップしていきたい人向けのコース。「月額制」システムで、月々3万円(税別)。

新機能の概要

■「有料カリキュラム」(詳細:https://chot.design/paid/)
①スマホ時代のWebデザイン講座(10万円:税別)
内容:全37本の動画とテキストのカリキュラムで、最新のWebデザインの基礎的なスキルが身に付く。デザインの基礎知識から、Adobe XD・Illustrator・Photoshopの使い方を学び、プロトタイピングやデザインカンプ制作・バナー制作にチャレンジできる。初めてWebデザインを学ぶ初心者におすすめのコース。半年間のメールサポート付き
②スマホ時代のWebコーディング講座(10万円:税別)
内容:全45本の動画とテキストのカリキュラムで、最新のWebコーディングの基礎的なスキルが身に付く。HTML・CSSの基礎知識から、スマホ・レスポンシブウェブデザインに対応したコーディングのコツ、効率的にCSSが書けるSassの解説、JavaScriptの基本などを学び、ブログ風のサイトなどを制作するコース。半年間のメールサポート付き
■「トレーニングセンター」(詳細:https://chot.design/tc/)
①さまざまなデザイン・コーディングに関するテクニックを動画で紹介
内容:デザインの考え方や、ツールの使い方など、プロとして身に付けておきたいテクニックを動画で紹介。現在は9本の動画を公開
②制作課題・プロ講師による添削
内容:用意された課題に取り組んで、サイト内の専用フォーラムで提出すると、プロの講師からの添削が受けられる
③参加者専用のSlackで、いつでも相談
内容:参加者専用のSlackでデザインやコーディングに関することや、キャリアについての悩み相談を受け付ける

関連URL

「chot.design」

ちょっと

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス