1. トップ
  2. データ・資料
  3. 夏休み9割以上がオンラインでの習い事を検討 =イー・ラーニング研究所調べ=

2020年7月28日

夏休み9割以上がオンラインでの習い事を検討 =イー・ラーニング研究所調べ=

イー・ラーニング研究所は27日、コロナウイルスの感染拡大を受け、イレギュラーな夏が訪れている今、子どもの夏休みの過ごし方についての実態を調査するため、子どもがいる親を対象に「2020年子どもの夏休みに関する調査アンケート」を実施したと発表した。


「今年の夏休みに体験させたいアクティビティは何ですか」という問では、第1位が「キャンプ」(166)、第2位が「旅行」(149)。

また、「なぜその体験をさせたいですか」という問では、「自然に触れさせたい」(188)という回答が最も多く、国土交通省観光庁の「Go To Travelキャンペーン」により、新型コロナウイルスの影響もありながらも普段と異なる経験のできるアクティビティを検討している人も多いという。

一方で「オンラインイベント・オンライン体験」(63)と回答している人が2割以上となり、新型コロナウイルスによる感染拡大防止を意識したニューノーマルな夏の過ごし方をする家庭も。

「子どもの夏休みに勉強させたい習い事は何ですか」という問では、第1位が「英語・英会話スクール」(145)が最も多く 、続いて「プログラミング」(131)。今年から小学校で開始された英語やプログラミングに関して、学校外での学びとしても注目度が引き続き高いという。

また「オフラインとオンラインのどちらで、子どもの夏休みの習い事をさせたいですか」という問では74%が「オンラインとオフラインの両方」(202)と回答しており、「オンライン」(53)と合わせると9割以上がオンラインでの習い事を検討。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、安全面を意識していることから、オンラインの習い事への関心度が高まっているという。

「新型コロナウイルス感染拡大に伴う夏休みの短縮についてどう思いますか」という問では、「賛成」(147)が半数を超える結果。賛成の理由としては、「学校の遅れが取り戻せるから」(106)が第1位となり、新型コロナウイルス感染拡大による休校処置で発生した学習の遅れを補いたいと思う親が多い。

また反対の理由としては、約9割が「学習よりもその他の体験を大切にしてほしいから」(22)と回答しており、子どもの学習以外の面の向上を妨げてしまうことを懸念。

「夏休みの授業に関する不安要素は何ですか」では、「感染予防対策」(130)が一番多くなり、“勉強をさせたいが学校に行くのは心配”という教育に関して複雑な心境を抱えており、Withコロナ・Afterコロナに向けて、学校現場においてもオンラインとオフラインを融合させた教育を検討する必要性があるという。

この調査は、全国の20代~50代の子どものいる親、273人を対象に、6月21日~7月8日にかけて紙回答で実施。

関連URL

イー・ラーニング研究所

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス