1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ボーンデジタル、「Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング v1.1対応版」刊行

2020年7月29日

ボーンデジタル、「Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング v1.1対応版」刊行

ボーンデジタルは、書籍「Unity ML-Agents実践ゲームプログラミング v1.1対応版」を、全国の書店を通じて、8月上旬に刊行する。

「Unity ML-Agents」は、2017年秋にv0.1として登場以降、順調にバージョンアップを重ね、今年5月に正式版になった。

今回刊行するのは、2018年7月に刊行した前書(v0.4に対応)を、正式版に合わせて全面的に改訂したもの。

「Unity ML-Agents」は、多くのAIプログラミングで必須となる「Python」のコーディングを必要とせず、「Unity ML-Agents」の仕組みに沿って、通常のゲーム開発同様にC#によるコーディングで完結できるのが大きな特徴。

同書は、これからゲームAIについて学びたい初心者でも読めるように、機械学習の基礎から学習環境の構築、付属サンプルによる様々な学習方法の解説などを、ステップ・バイ・ステップで実践的に習得できるよう構成。

また、実際の開発現場でゲームAIを活用するためのサンプルとして、Unityが無償で公開しているゲームを使って、「テストの自動化」「ゲームバランスの調整」「より自然な振る舞いを行うNPC」「人間の代わりとなる対戦相手」を、AIとして実装したサンプル事例も紹介している。

具体的には、1章:機械学習とUnity ML-Agentsの概要、2章:はじめての学習環境の作成、3章:Unity ML-Agentsの基礎、4章:さまざまな学習方法、5章:サンプルの学習環境、6章:ゲーム開発における強化学習の活用、7章:Python APIを使った学習環境の構築、という内容。

B5変形判、368ページ(オールカラー)で、定価は3600円+税。PDF版も、紙版と同じ3600円+税で同時発売。

関連URL

書籍の詳細

ボーンデジタル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス