1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レデックス、『生活機能発達支援プログラム Life Skills』を開始

2020年8月5日

レデックス、『生活機能発達支援プログラム Life Skills』を開始

レデックスは4日、生活機能(日常生活で必要となる動作)や社会機能(社会生活で必要となる態度や行動)を獲得するための、脳と身体のトレーニング方法を助言するクラウド・サービス『生活機能発達支援プログラム Life Skills(ライフスキル)』を開始すると発表した。


想定する利用者は、保護者や子ども本人、支援施設(放課後等デイサービス等)。特に、新型コロナウイルス感染症の影響で、在宅での子どもを支援する必要のある放課後等デイサービスでの非対面型のサービスを実現するという。

生活・社会機能を行う際に必要となる脳の働き(認知機能)を、デジタルパズルで高めると同時に、子どものその時点での認知機能バランスを測定。

身につけさせたい生活・社会機能をメニューから選択すると、その子が取り組むべきトレーニングを提案。一人ひとり異なる発達状況の子どもに対し、最適な支援方法をタイムリーに提供することで、日々の生活や将来の職業生活に必要な生活・社会機能の獲得を容易にするという。

生活・社会機能に必要となる主な認知機能は、自己認識、空間認知、注意集中、協調運動、遂行機能、抑制、言語、計算、記憶の9つの領域がある。それらを伸ばすために15種類のデジタルパズルを用意。

楽しいゲームと自分の能力の伸びが感じられる演出で、認知機能を高めると同時に自己効力感を育てることが可能。デジタルパズルの開発に際しては、高濱正伸氏(花まる学習会 代表/NPO法人子育て応援隊むぎぐみ 理事長)と橋本圭司氏(はしもとクリニック経堂 院長/国立成育医療研究センター 医員)が協力。

サービス概要

対応機種:
Windows、MacOS、iOS、Androidの搭載されたパソコン、タブレット、スマートフォン
対応ブラウザ:Google Chrome、Microsoft Edge、Safari (※各最新版を推奨)
プランと料金:
・パーソナル 利用できる子どもの人数3人 月額1000円(税別)
・スタンダード 利用できる子どもの人数50人 月額8000円(税別)
・プレミアム 利用できる子どもの人数250人 月額2万8千円(税別)
詳細
申込

関連URL

レデックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス