1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レデックス、『生活機能発達支援プログラム Life Skills』を開始

2020年8月5日

レデックス、『生活機能発達支援プログラム Life Skills』を開始

レデックスは4日、生活機能(日常生活で必要となる動作)や社会機能(社会生活で必要となる態度や行動)を獲得するための、脳と身体のトレーニング方法を助言するクラウド・サービス『生活機能発達支援プログラム Life Skills(ライフスキル)』を開始すると発表した。


想定する利用者は、保護者や子ども本人、支援施設(放課後等デイサービス等)。特に、新型コロナウイルス感染症の影響で、在宅での子どもを支援する必要のある放課後等デイサービスでの非対面型のサービスを実現するという。

生活・社会機能を行う際に必要となる脳の働き(認知機能)を、デジタルパズルで高めると同時に、子どものその時点での認知機能バランスを測定。

身につけさせたい生活・社会機能をメニューから選択すると、その子が取り組むべきトレーニングを提案。一人ひとり異なる発達状況の子どもに対し、最適な支援方法をタイムリーに提供することで、日々の生活や将来の職業生活に必要な生活・社会機能の獲得を容易にするという。

生活・社会機能に必要となる主な認知機能は、自己認識、空間認知、注意集中、協調運動、遂行機能、抑制、言語、計算、記憶の9つの領域がある。それらを伸ばすために15種類のデジタルパズルを用意。

楽しいゲームと自分の能力の伸びが感じられる演出で、認知機能を高めると同時に自己効力感を育てることが可能。デジタルパズルの開発に際しては、高濱正伸氏(花まる学習会 代表/NPO法人子育て応援隊むぎぐみ 理事長)と橋本圭司氏(はしもとクリニック経堂 院長/国立成育医療研究センター 医員)が協力。

サービス概要

対応機種:
Windows、MacOS、iOS、Androidの搭載されたパソコン、タブレット、スマートフォン
対応ブラウザ:Google Chrome、Microsoft Edge、Safari (※各最新版を推奨)
プランと料金:
・パーソナル 利用できる子どもの人数3人 月額1000円(税別)
・スタンダード 利用できる子どもの人数50人 月額8000円(税別)
・プレミアム 利用できる子どもの人数250人 月額2万8千円(税別)
詳細
申込

関連URL

レデックス

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス