1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 龍野情報、AIアスリート発掘する「シンギュラリティバトルクエスト」を支援

2020年8月21日

龍野情報、AIアスリート発掘する「シンギュラリティバトルクエスト」を支援

龍野情報システムは20日、未来の「AIアスリート」を発掘する大会、「U-18・第1回シンギュラリティバトルクエスト2020」を支援すると発表した。

同社の学習管理システム「learningBOX」(ラーニングボックス)を、同大会選考ツールの1つとして提供し、昨年に引き続き「AIアスリート」の発掘・育成に貢献する。

「シンギュラリティバトルクエスト」は、今世紀前半の到来が予測される社会と産業の大転換点「シンギュラリティ」で、AI/ICTのエキスパートとしての活躍が期待される、卓越した高校生を発掘・育成する総合競技大会。

昨年の第0回大会では、日本初のAIアスリート12人を認定し、教育関係者だけでなくAI関連企業からも高い評価を受けたという。今年の第1回大会は、全国規模での開催。

同大会では5つの競技を実施。「(AQ)AIクエスト」(団体戦)は、膨大なデータで学習させたAIモデルを構築し、そのモデルの予測精度や速度を競う競技。「(CQ)サイバークエスト」(団体戦)は、情報セキュリティに関する課題に対し、関連知識やソフトウェアを駆使し獲得点を競う競技。

「(DQ)データクエスト」(個人戦)は、データサイエンスや統計学の知見を用い、データから有用な知見の抽出スキルを競う競技。「(RQ)ロボクエスト」(個人戦)は、設定された課題を解決するためのAI制御のロボットを開発し、その速度と精度を競う競技。

そして、「(XQ)Xクエスト」(個人戦)は、UI/UX、HCI、デザイン思考などに重点をおいた、プロダクトのユーザビリティーを競う競技。

1次選考では、120分(予定)の間に、これら5つのクエストから各4問、合計20問に回答する。

大会実施概要

応募締切:8月31日(月)17:00まで(現在募集中)
試験日:9月6日(日)、ログイン・配信開始9:00~
参加資格:
・日本国内に在住していること
・全日制高校、定時制高校、多部制高校、単位制高校、通信制高校、高等専修学校、専門学校 高等課程又はインターナショナルスクール(高等課程)のいずれかに在籍していること
・同じ学校に在籍している生徒3人1組でエントリーすること
詳細

エントリー

関連URL

「learningBOX」

「learningBOX」無料登録

龍野情報システム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス