1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 龍野情報、AIアスリート発掘する「シンギュラリティバトルクエスト」を支援

2020年8月21日

龍野情報、AIアスリート発掘する「シンギュラリティバトルクエスト」を支援

龍野情報システムは20日、未来の「AIアスリート」を発掘する大会、「U-18・第1回シンギュラリティバトルクエスト2020」を支援すると発表した。

同社の学習管理システム「learningBOX」(ラーニングボックス)を、同大会選考ツールの1つとして提供し、昨年に引き続き「AIアスリート」の発掘・育成に貢献する。

「シンギュラリティバトルクエスト」は、今世紀前半の到来が予測される社会と産業の大転換点「シンギュラリティ」で、AI/ICTのエキスパートとしての活躍が期待される、卓越した高校生を発掘・育成する総合競技大会。

昨年の第0回大会では、日本初のAIアスリート12人を認定し、教育関係者だけでなくAI関連企業からも高い評価を受けたという。今年の第1回大会は、全国規模での開催。

同大会では5つの競技を実施。「(AQ)AIクエスト」(団体戦)は、膨大なデータで学習させたAIモデルを構築し、そのモデルの予測精度や速度を競う競技。「(CQ)サイバークエスト」(団体戦)は、情報セキュリティに関する課題に対し、関連知識やソフトウェアを駆使し獲得点を競う競技。

「(DQ)データクエスト」(個人戦)は、データサイエンスや統計学の知見を用い、データから有用な知見の抽出スキルを競う競技。「(RQ)ロボクエスト」(個人戦)は、設定された課題を解決するためのAI制御のロボットを開発し、その速度と精度を競う競技。

そして、「(XQ)Xクエスト」(個人戦)は、UI/UX、HCI、デザイン思考などに重点をおいた、プロダクトのユーザビリティーを競う競技。

1次選考では、120分(予定)の間に、これら5つのクエストから各4問、合計20問に回答する。

大会実施概要

応募締切:8月31日(月)17:00まで(現在募集中)
試験日:9月6日(日)、ログイン・配信開始9:00~
参加資格:
・日本国内に在住していること
・全日制高校、定時制高校、多部制高校、単位制高校、通信制高校、高等専修学校、専門学校 高等課程又はインターナショナルスクール(高等課程)のいずれかに在籍していること
・同じ学校に在籍している生徒3人1組でエントリーすること
詳細

エントリー

関連URL

「learningBOX」

「learningBOX」無料登録

龍野情報システム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス