1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 住友商事北海道×aiwell、「AIプロテオミクス」でSDGs達成に向け共同事業

2020年9月2日

住友商事北海道×aiwell、「AIプロテオミクス」でSDGs達成に向け共同事業

住友商事北海道とaiwellは1日、東京工業大学で発明されたタンパク質の網羅的解析技術「AIプロテオミクス」の実用化と社会実装を進めるため、北海道の地でSDGsの取り組みを中心とした共同事業を開始したと明らかにした。

東京工業大学発ベンチャーのaiwellは、AIプロテオミクスに関する研究開発とその実用化、社会実装を推進している。同研究開発では、生体内の遺伝子産物を網羅的に解析するプロテオミクスの基盤技術である二次元電気泳動法を使い、画像化された血中タンパク質のデータをAIで解析することに成功し、さまざまな病気や怪我を起こす一歩手前の状態を発見できる技術として注目されている。また、この技術は人間以外の動物や植物にも幅広く応用が利くことから、SDGs達成のための技術として、今後広く活用されることが期待されている。

このたび、次世代技術AIプロテオミクスをさらに広く世の中に知ってもらうため、SDGs事業に熱心な住友商事北海道・同社グループと研究における共同事業を開始し、共同研究のメンバーのさらなる拡大を計画している。

今後、一定の成果が出たのちは、道内で生産している商材・農作物・家畜などの生産効率の向上や道民の健康管理など、さらに活動の幅を広げていくことで、道内の課題をAIプロテオミクスで解決することを目指していく。

関連URL

住友商事北海道

aiwell

AIプロテオミクス紹介動画

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス