1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. ナレッジキャピタル、3Dデータを使った「最先端のものづくりチャレンジ!」を開催

2020年9月2日

ナレッジキャピタル、3Dデータを使った「最先端のものづくりチャレンジ!」を開催

ナレッジキャピタル、KMOは、スタートアップ人材のための実践的な学びと支援を行う施設「SpringX」のプログラムである「超学校ONLINE」において、新シリーズ「最先端のものづくりチャレンジ!」を、9月12日から10月31日の期間、全6回にわたり開催する。

「超学校ONLINE」は、科学、芸術、文化、ビジネスなど、さまざまな分野の第一線で活躍するスペシャリストから「本物の知」を学び、ともに考え、対話するプログラム。これから何か行動を起こしていきたいと考える全ての世代に提供。

同シリーズは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の次世代人材育成事業であるジュニアドクター育成塾に採択された、めばえ適塾とコラボレーション。めばえ適塾は、将来の科学技術イノベーションを牽引する傑出した人材の育成のために、高い意欲や突出した能力を有する小中学生に対して体系的育成プランを開発・実施。同講義は、初めて塾生以外に提供されるめばえ適塾公式プログラム。

講座は、全6回の連続講義で、小学4年生~中学3年生までを対象に、3Dモデリングソフトを使った3Dデータの作成から実際に3Dプリンターで印刷するまでの一連の工程を、Zoomウェビナーを利用し体験するもの。オンラインでソフトウェアなどのデジタルツールを使いながらも、講師や受講生とのコミュニケーションを通じて、ものづくりの面白さや大切さを実践的に学べぶ。

開催概要

開催日程:9月12日(土)、26日(土)、10月3日(土)、17日(土)、24日(土)、31日(土)6回連続講義
時間:午後3時~午後4時 ※一部午後5時まで
対象:小学4年生~中学3年生まで、全講義に参加可能な人
配信方法:Zoomウェビナー(参加者の顔や名前が画面に表示される。)
用意:インターネットへの接続可能なパソコン、タブレット
料金:8000円(税込) ※材料費、作品の郵送費含む
講師:大阪大学核物理研究センター 特任助教 吉田 裕介氏
定員:10人(先着順)

申込

関連URL

ナレッジキャピタル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス