1. トップ
  2. データ・資料
  3. 95%の親が「今後も子どもにオンライン学習をやらせたい」と回答 =イー・ラーニング研究所調べ=

2020年9月8日

95%の親が「今後も子どもにオンライン学習をやらせたい」と回答 =イー・ラーニング研究所調べ=

イー・ラーニング研究所は7日、子どもがいる20~50代の親232人を対象に実施した「新型コロナによる教育変化に関する調査アンケート」の結果をまとめ発表した。


それによると、「新型コロナ禍前後で、子どもの教育について考える機会が増えたか」との問では、約8割(76.3%)が子どもの教育について「考える機会が増えている」と回答。「変わらない」は23.7%だった。

増えた理由としては、「子どもが家にいる時間が増えたから」(114)が最も多く、続いて「オンライン学習が活発になったから」(102)、「自宅学習が必要だと感じたから」(100)、「学校教育への不安が増えたから」(98)が僅差で並ぶ結果となった。

新型コロナの影響で、多くの家庭で子どもと過ごす時間が増えたため、子どもの教育について考える機会が生まれているのが分かる。

また、「新型コロナ発生後、オンライン学習を行ったか」という問では、半数以上が「はい」(129)と回答。実際に新型コロナ対策としてオンラインでの学習を選ぶ家庭や教育機関が増えているのが分かる。

「はい」と回答した親を対象に、「実際にオンライン学習を行って、どのようなところに魅力を感じたか」と尋ねたところ、「自宅で学習ができる」(106)が第1位となり、第2位は「時間にとらわれず学習できる」(97)だった。

その一方で、オンライン学習の不安要素は、「子どものモチベーションを保てるか」(82)が最も多い回答だった。

オンライン学習の場所や時間にとらわれない点に魅力を感じてはいるものの、いかに子どものモチベーションを維持するか不安視する親が多いことが伺える。

さらに、「今後も、オンライン学習を行いたいか」という問では、95%以上の親が「はい」(223)と回答。

新型コロナの影響でオンライン学習が大きく注目されており、自宅で実施でき時間にとらわれないという利点から、多くの人が今後も「オンライン学習」を継続していきたいと考えていることが分かった。

この調査は、子どもがいる全国の20~50代の親232人(男女計)を対象に、8月4日~21日にかけて、紙回答の形で実施。

関連URL

イー・ラーニング研究所

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス