1. トップ
  2. データ・資料
  3. 親世代の9割以上が「子どもにSDGsを学ばせたい」=イー・ラーニング研究所調べ=

2021年9月8日

親世代の9割以上が「子どもにSDGsを学ばせたい」=イー・ラーニング研究所調べ=

イー・ラーニング研究所は7日、子どもがいる20~50代の親(男女計176人)を対象に実施した、「2021年 子どものSDGsに関する意識調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「SDGsを知っているか」との質問では、約9割が「はい」と回答。また、「特に関心のあるSDGsの項目はどれか」との質問では、「質の高い教育をみんなに」が群を抜いて多く、8割以上が回答した。

コロナ禍で休校やオンライン教育における教育格差が問題視される中、質の高い教育を平等に受けられるかについて注目が集まっていることが伺える。

また、「子どもがSDGsを学ぶべきだと思うか」と聞いたところ、9割以上が「はい」と回答。子どもにSDGsについて積極的に学んでほしいと思っていることが分かった。

「なぜ子どもがSDGsを学ぶべきだと思うか」と質問したところ、「子どもの将来に役立つと思うから」、「世界的な課題だから」が僅差で続いた。

どちらもSDGs関心層の5割以上が回答しており、2030年の目標達成に向け世界的にフォーカスが当たる中で、子どもたちの将来に役立たせるため、SDGsについて学ばせたいと思っていることが伺える。

「どこで子どもにSDGsについて学んでほしいと思うか」と聞いたところ、8割以上が「学校」と回答。SDGsについて学校で学んでほしいと希望する声が多かった。

一方で、約半数が「家庭」と回答しおり、コロナ禍で家で子どもと過ごす時間が増えているため、家庭でもSDGsについて学ばせたいと思っていると考えられる。

また、「SDGsについて家族と話し合ったことはあるか」との質問では、「はい」と回答したのは約3割にとどまり、SDGsについて話し合った経験ことがない家庭が多いことが分かった。家庭でSDGsについて学ばせたいと思っているものの、実際に話し合えていない現状が伺える。

「子どもにSDGs活動に参加してほしいと思うか」を聞いたところ、9割以上が「はい」と回答。子どものSDGs活動参加への関心度が高いことが明らかになった。

また、「SDGsの項目の中で、特に子どもに学んでほしい項目はどれか」を聞いたところ、第1位は「質の高い教育をみんなに」、第2位が「貧困をなくそう」だった。

親の関心が高い項目と一致しており、教育など身近なものから子どもにも当事者意識を持って学んでほしいと感じていると考えられる。

この調査は、子どもがいる全国の20~50代の親(男女計176人)を対象に、8月9日~27日にかけて、紙回答の形で実施。

関連URL

調査結果の詳細

イー・ラーニング研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
事前登録制 お申し込み受付中 Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00-
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス