1. トップ
  2. データ・資料
  3. 親世代の7割が「オンラインと紙を併用した宿題」を希望=イー・ラーニング研究所調べ=

2021年10月7日

親世代の7割が「オンラインと紙を併用した宿題」を希望=イー・ラーニング研究所調べ=

イー・ラーニング研究所は6日、子どもがいる20~50代の親199人を対象に実施した、「2021年:休校並びに学校の対策に関する意識調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「新型コロナ感染拡大が心配される中、休校を希望するか」との質問には、6割以上(132)が「いいえ」と回答し、休校を希望しない家庭の方が多かった。

また、「今後の休校措置への不安はあるか」では、「はい」(145)という回答が7割以上(73%)となり、学習の遅れなどの様々な格差を引き起こす可能性がある休校措置に対して、不安を抱いていることが分かった。

「休校となる場合は、家庭でどんな工夫をするべきだと思うか」を聞いたところ、8割以上(165)が「学習環境の整備」と回答し、次に「コミュニケーションの活性化」(131)が続いた。

さらに、「休校となる場合は、学校でどんな対策を求めるか」を聞いたところ、第1位は「オンライン学習コンテンツの増加」(156)、第2位が「Wi-Fiなどのオンライン学習環境の整備」(117)だった。

家庭、学校ともに、ストレスなくオンライン学習ができる環境への需要が高いことが伺え、また、学校に対しては、通常の授業進行ができない中で、学習の遅れが発生しないように、オンライン学習コンテンツの充実を求めていることが分かった。

「休校が実施された際に、宿題などを増やした方がいいと思うか」との質問には、4割(80)が「はい」と回答。

また、「宿題はオンラインと紙のどちらの方がいいと思うか」を聞いたところ、「紙」(2)は圧倒的に少なく、7割(140)が「オンラインと紙の併用」を希望していることが明らかになった。オンライン学習の浸透に伴い、宿題もオンライン利用を積極的に求めていると考えられる。

では、「どんなオンライン学習ツールを使ってほしいか」を聞いたところ、「学習アプリ」(153)と「オンラインでの個別指導」(119)が多かった。

また、約3割(60)は「教育系YouTube」と回答しており、新しい学び方が広がり、映像を通した学習への関心度が高まっていると考えられる。

さらに、「オンライン学習で何を求めるか」との質問では、「楽しく学べる」(159)と「自主的に取り組める」(158)が僅差で続き、どちらも約8割が回答した。

また、2割程度は全項目を選んでおり、オンライン学習に望む要素が多いことが分かる。子ども1人で取り組むことが多いからこそ、自主性を持って取り組め、楽しんで続けられるオンライン学習が求められていると考えられる。

この調査は、子どもがいる全国の20~50代の親(男女)199人を対象に、9月3日~28日にかけて、紙回答の形で実施した。

関連URL

調査結果の詳細

イー・ラーニング研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の健康管理に
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス