1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 麗澤瑞浪中高、対面×オンラインの「ハイブリッド授業」を実施

2020年9月9日

麗澤瑞浪中高、対面×オンラインの「ハイブリッド授業」を実施

麗澤瑞浪中学・高校(岐阜県瑞浪市)は8日、新型コロナの影響から実施した、対面×オンラインの「ハイブリッド授業」の模様を公表した。

同校では、8月24日~9月3日までは「オンライン授業期間」と位置づけたうえで、新学期をスタート。この期間は、生徒は自宅からオンライン授業を受け、学習を進めた。

ただし、受験を控えた高校3年生の寮生の希望者、自宅から通う際に送り迎えが可能な生徒、部活動などで公式戦などを控えている生徒などの一部の生徒たちは、通常通り教室で授業を受けられるようにした。

この「対面授業」と「オンライン授業」を組み合わせた授業スタイルを、同校では「ハイブリッド授業」と呼んでいる。

教員は、授業を目の前で受けている生徒と、オンラインで授業を受けている生徒の両方に気を配りながら授業を実施。

同校では5月~6月に完全オンラインで授業を実施しており、その経験を活かして、工夫を凝らして「ハイブリッド授業」に取り組んだ。

実際に授業を行った教員からは、「生徒の反応をリアルに感じることができる対面授業の良さを再確認するとともに、対面とオンラインの双方向に向けての声かけや問いかけへの難しさも感じた。今回の取り組みを通して教員も様々なノウハウを得られた。より効果的なハイブリッド授業への意識を高めることができた」などのコメントが寄せられた。

なお、9月7日からは通常授業を開始している。

関連URL

麗澤瑞浪中学・高校

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス