1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ビービーメディア、「危ない!」を体験できる小学生向け交通安全ARを開発

2020年9月11日

ビービーメディア、「危ない!」を体験できる小学生向け交通安全ARを開発

ビービーメディアは10日、同社のプロジェクトチーム「テクプラパーク powered by BBmeida」が、小学生向け交通安全ARコンテンツ「交通安全AR」の開発を始めると発表した。

「交通安全AR」は、毎日登下校をしている小学生や小学校に入る前の子どもに、AR技術を活用して、交通安全を学ばせる教材。スマホやタブレットを使用し、横断歩道や道路で起こりやすい交通事故の危険性を体験させることができる。

AR技術を利用することで、実際の空間に3Dの道路や走行する車などを出現させ、座学やビデオだけでは分かりずらかった交通事故の危険性を実際に体験できる。子どもに、実体験させたくない「危ない!」をARで体験させることで、「交通安全」を分かりやすく学ばせることができる。

具体的には、横断歩道が無い場所で道路を渡ろうとする際に、遠くに見える車が向かってくる速さを体験できる。遠くに見えても車は速いので、すぐ目の前に来てしまうことを学べ、横断歩道を渡らなければいけないことを啓蒙する。

また、曲がり角での飛び出しがとても危険なことも体験できる。ミラーなどが設置されている場所では、有効に利用できることを学べる。

さらに、横断歩道を渡る際、バスやトラックなど大きな車の影からバイクや自転車が飛び出してくる体験もできる。横断歩道で目の前の車が止まっていても、危険があることを学べる。

「交通安全AR」は、教育機関・企業・施設で導入できるコンテンツとしてパッケージ化を予定しており、カスタマイズなどの相談も受け付けている。

関連URL

「テクプラパーク」

ビービーメディア

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス