1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、日本語能力試験学習教材が世界164カ国に拡大し受講者数13万人突破

2020年9月16日

アテイン、日本語能力試験学習教材が世界164カ国に拡大し受講者数13万人突破

アテインは15日、同社オリジナルの日本語能力試験学習eラーニング教材がアメリカのオンライン学習プラットフォーム「Udemy(ユーデミー)」内で販売開始から、受講地域が世界164カ国に拡大し、9月5日をもって受講者数13万人突破したと発表した(アテインの日本語eラーニングLMS受講者数は除く)。

同社の日本語学習教材「オンライン日本語」シリーズはUdemyで公開されてから、多くの国から多くの受講者にオンライン日本語学習を楽しんでもらっているという。

日本語はひらがな、カタカナ、漢字で成り立っており、ゼロ基礎から日本語を勉強する人にはそれぞれの対応教材を用意しなければならない。同社は日本語の基礎を重点的に、たくさんのひらがな・カタカナの発音と書き方の動画教材を提供。

基礎を勉強したあと、日本語能力試験のレベルに基づいて、教材のレベルを分けている。多くの学校・企業は日本語能力試験のレベルをもとにコミュニケーションを取れるか、学力がどれぐらいあるか、戦力になるかを判断するからだという。

Udemyで掲載されているアテインの日本語教材は初心者から上級N1まで各レベルが揃い、日本語音声で、英語字幕、ベトナム語字幕、中国語字幕で提供している。

Udemyで同社の講座を受ける良いところとしては、分からないこと、疑問に思ったことをオンラインで講師に質問できること。講師は日本語学習についての疑問に返信しているので、初心者でも安心して受講することができるという。また、購入した動画は買い切りで一度購入すれば視聴期限なく見ることが可能。

関連URL

日本語能力試験学習コースリスト

アテイン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス