1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 次世代のイノベーター育成「Red Bull Basement」、審査員とメンター発表

2020年9月17日

次世代のイノベーター育成「Red Bull Basement」、審査員とメンター発表

レッドブル・ジャパンは16日、次世代のイノベーター育成を目指すプログラム「Red Bull Basement」の審査員ならびにメンターを発表した。

Red Bull Basementは、学生のテクノロジーを軸としたアイデアを実現し、学生と世の中にインパクトを残すグローバルプラットフォーム。参加者にはアイデアを1分以内の動画にしてエントリーしてもらい、一般投票と審査員による選考で各国の代表チームを選び、12月に開催予定のグローバルワークショップに招待する。そして、レクチャー、ワークショップ、メンターによるセッションで構成された3日間の最終選考でグローバルウィナーを決定する。現在、参加者を募集中。応募は10月25日まで。

日本代表を決める審査員は、マクアケの北原成憲氏、トーチリレーの神保拓也氏、Forbes JAPANの谷本有香氏が務める。また、グローバルパートナーとしてNTT Ltd.が各国で審査を行う。今年度日本代表に選ばれたチームは、編集部が取材し「Forbes JAPAN」誌へ掲載される。

加えて、キックオフイベントを9月27日(日)・10月4日(日)の18:00~19:30に行う。イベントでは北原氏と神保氏のほか、LINE、住友重機械工業、楽天、bitFlyer Blockchainの各社から登壇者を招いて講演を行う。このキックオフイベントへの参加者を10月3日まで募集している。両日とも先着500名まで。

キックオフイベントの詳細・申込

関連URL

「Red Bull Basement」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス