1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 日本アクティブラーニング協会、「これからの大学入試 開発会議」10月10日開催

2020年10月1日

日本アクティブラーニング協会、「これからの大学入試 開発会議」10月10日開催

日本アクティブラーニング協会は、「これからの大学入試 開発会議」を10月10日に開催する。

JAPAN e-Portfolioの運営許可取り消し等、大学入試改革において混乱した状況が続く中、国主導でのしくみづくりの限界が見え始めている。同社はこれからの大学入試のあるべき姿は、有志の力で形にしていく必要があると考え、その実現に向けたアクションをとるため、同会議の開催を決めた。同会議は、オンラインセミナー形式での実施となり、事前申込みをすれば誰でも参加可能。

会議には、グローバル戦略に基づいて入試改革を推進する早稲田大学から須賀晃一副総長、日本で最初にAO入試を始め、今なお進化を続ける慶應SFCから脇田玲学部長が特別出演。「大学入試のあるべき姿」を徹底議論し、実際に開発まで行っていく。

同協会は大学教授・海外大学・企業等との連携による高大社接続プログラムや、演劇メソッドを取り入れたワークショップ等を通じて、6万人以上の学生、社会人と実践してきたアクティブラーニングの実例から引き出した有形無形のナレッジを、学校教育、企業研修等、全国の多様な教育現場に役立てるために発足した社団法人。現在、脱ガラパゴスの教育改革の実現を目指す有志による「教育改革推進協議会」、これからの学びや評価において重要な役割を担う「eポートフォリオ」の活用推進に向けた「教育ポートフォリオ」研究会等を運営しており、SDGsポイントプロジェクトの推進を通じて、社会貢献モデルの普及も行っている。

開催概要

■概要:
開催日時:10月10日14時〜16時
開催場所:オンライン
参加費:無料

詳細・申込

関連URL

これからの大学入試 開発会議

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス