1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本アクティブラーニング協会、「SDGsポイントプロジェクト」を開始

2019年6月12日

日本アクティブラーニング協会、「SDGsポイントプロジェクト」を開始

サマデイグループおよび日本アクティブラーニング協会は11日、国連事務総長特別顧問としてSDGsを策定し牽引するジェフリー・サックス博士の認定を受け、「SDGsポイントプロジェクト」を展開することを発表した。

0612-smd世界的にSDGsの機運が高まっているなか、SDGsをテーマとして掲げるばかりでなく、目標達成に向けて行動できる人財が求められていることを踏まえ、サマデイグループと日本アクティブラーニング協会は、SDGsについて身近なことから「自分ごと」として取り組むためのマインドセットや行動力を養成する研修プログラムを開発した。また、そのような学びのプロセスを記録し、ポートフォリオとしてまとめることができるeポートフォリオシステムも提供している。これらが、このたびジェフリー・サックス博士らの認定カリキュラムに選ばれた。

「SDGsポイントプロジェクト」では、認定SDGsプログラムを修了した人財・組織に対してSDGsポイントが発行され、年間発行量に応じた金額をサマデイがCSDC(Center for Sustainable Development at Columbia University)とMP(Millennium Promise)に対して寄付。CSDCとMPがその寄付をSDGs達成のための取り組みに活用する。

今回認定された研修プログラムは、企業向けの「新しい人財開発プログラム」、教育機関向けの「新しい探究プログラム」および「新しい大学入試問題」。いずれもSDGs達成の当事者養成を目的としており、学校・塾・大学の教育活動や企業研修などに幅広く取り入れることができる。また、認定システムとしてSNS型eポートフォリオ「Feelnote」を提供している。

同プロジェクトの初回となる公開型のSDGs認定プログラムが今月、東京と大阪の2会場で実施され、アートとSDGsをテーマとした体感型探究プログラムに中高生200人~300人が挑戦する。

関連URL

認定研修プログラム

認定システム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス