1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エンカツ、保育士など向け「オンライン・ストレス耐性強化トレーニング」をスタート

2020年10月20日

エンカツ、保育士など向け「オンライン・ストレス耐性強化トレーニング」をスタート

エンカツ社は19日、心理学博士の掛札 逸美氏(保育の安全研究・教育センター)と共同で、未就学児施設の園長、主任を対象にした「オンライン・ストレス耐性強化トレーニング」を2021年1月中旬から本格的に開始すると発表した。

同トレーニングは、事故や不祥事などトラブルに遭遇したとき、事態を冷静にとらえ、解決に向けて前向きに行動できるよう、ストレスに耐える精神的な強さを養い鍛える訓練。オンラインで実施するので、受講者の居住地域に制限はなく通信環境が整備できれば全国どこでも受講できる。コースは少人数制で定員は6名、週1回90分の全7回コースで、前半45分が問題解決のための思考法と対話技術についての講義、後半45分は実技という内容。実技では各種の想定トラブルに対し、受講者一人ひとりが講師との対話を通じて、物事を客観的にとらえ解決に向かうプロセスを体験し、相手といかに向き合い交渉するのか具体的に学べる。受講料は一人6万円(税抜)。

同トレーニングが生まれた背景には、保育士など未就学児施設職員が置かれた過酷な労働環境がある。特に新型コロナウイルス感染症が流行してからは、感染リスクにさらされながら長時間働かざるを得ない上、社会不安がもたらす人間関係のトラブルにも苦しむ保育士が増加している。日々直面する問題の解決を図るために、まず状況を整理しそれぞれの事象を客観視すること、加えて職員個人の責任を明確にし、過度な精神的ストレスを抱え込まない思考法を身に着けることが必要になっている。

保護者や地域住民と対面するときには、感情に流されずに意見を述べたり複雑な情報を正確に伝えたりするための対話技術が求められるが、思考法や技術はほとんど知られていない。同社は、この状況を改善するために、同トレーニングを開始することにしたという。

関連URL

エンカツ社

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
GIGAスクール向け 授業のICTサポートに特化したプランをご提供 Rakuten Communications 詳細はこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス