1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コーチング英会話「TORAIZ」、受講生に対する総合的マネジメントシステム運用開始

2020年11月9日

コーチング英会話「TORAIZ」、受講生に対する総合的マネジメントシステム運用開始

コーチング英会話「TORAIZ(トライズ)を運営するトライオンは6日、受講生の個別ゴールに対する全学習要素の総合的マネジメントシステム「Integrated Management System(インテグレイティド・マネジメント・システム)」を開発し、本格運用を開始したと発表した。

同講座では、レッスンを担当するネイティブコーチと、学習管理・モチベーション管理などを担当するイングリッシュ・コンサルタントの2名による英語学習のサポート体制を提供していた。受講生とって一段と付加価値が高い学習サポートを実現するため、同プログラムの導入を決めた。

同プログラムは、これまで運用を開始してきた様々な仕組みを統合して運用する完成形となる。受講生一人ひとりの学習進捗データを、専用共有ツールによりコーチとコンサルタントが常に共有管理、3カ月毎の到達すべきゴールを受講生・コーチ・コンサルタントの3者で共有、3カ月毎の達成度合いを3者がそれぞれにチェックし、レベル認識の共通化、課題の再設定、必要なカリキュラムの見直しを仕組み化して継続的に実施、学習報告システムより、日々提供されるプログラム品質を受講生がリアルタイムに評価し、必要な改善を迅速に実施する仕組みなどの特徴を持つ。

同講座は1000時間の学習により、日本人が最も苦手とする英語のスピーキング力を身に着けることができる“本物の英語力”を追求するコーチング英会話プログラム。受講生一人ひとりにカスタマイズされた目標設定、その実現のための自己学習プログラムの作成、日々の学習サポート、2週間に一度の面談での進捗チェックを、専任のイングリッシュ・コンサルタントが担当。さらに、自己学習をアウトプットする場として、豊かな経験を持つネイティブコーチとのオンライン・レッスンやグループ・レッスンを学びの場ではなくケーススタディとして実施。インプットとアウトプットのサイクルを作ることで、日本にいながらにして、実践的なビジネス英語を身に着けることができるサービスだという。

関連URL

トライオン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス