1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. TORAIZ、統合型管理システム「Integrated Management System」を順次提供開始

2020年8月31日

TORAIZ、統合型管理システム「Integrated Management System」を順次提供開始

コーチング英会話「TORAIZ(トライズ)」を運営するトライオンは28日、コーチ・コンサルタントによる完全統一サポートプログラム「Integrated Management System(インテグレイティド・マネジメント・システム)」を提供開始すると発表した。

TORAIZでは、レッスンを担当するネイティブコーチと学習管理・モチベーションコントロールなどを担当するイングリッシュ・コンサルタントの2名での英語学習のサポート体制を提供している。より付加価値が高い学習サポートを実現するため、同サービスを既存プログラムへ導入し実施する。これにより、コーチとコンサルタントが、受講生の学習進捗データを常に共有し管理が行えるようになる。また、3カ月毎の到達すべきゴールを受講生も含め3者で共有し、達成度合いを互いにチェックすることにより、認識の共通化、課題の再設定、必要なカリキュラムの見直しを継続的に行う。受講生ひとりひとりに最適にカスタマイズした学習計画を実行できるようになる。

トライオンは「学ぶことを通じて人と組織の可能性を開く」を経営理念として、創業より一貫して「教育」を軸にした事業を提供。インターネットを通じて時間や場所に捕われずに、多くの人が様々な学習コンテンツに出会える場所を提供することを目的に、日本最大級の通信講座「脳内カレッジ」を運営する。 2015年からは、ビジネスレベルで通用する英語を1年でマスターするコーチング英会話スクール「TORAIZ(トライズ)」を開始。

関連URL

トライオン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス