1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. モリサワ、相模原市が推進する「さがみはらSDGsパートナー」に参画

2020年11月11日

モリサワ、相模原市が推進する「さがみはらSDGsパートナー」に参画

モリサワは10日、神奈川県相模原市が推進する「さがみはらSDGsパートナー」に、今月2日付けで参画したと発表した。

同市は、SDGsの推進に向けた取組みと、発展を続ける都市部と雄大な自然の調和や共生社会の推進など、高いポテンシャルが評価され、2020年度SDGs未来都市にも選出。

一方、同社は、ユニバーサルデザインに配慮した「UDフォント」、多言語ユニバーサル情報配信ツール「MCCatalog+」などを通じて、紙やWebでの制作物、デジタルデバイスでの情報配信におけるコミュニケーション向上を支援し、「さがみはらSDGsパートナー」としてSDGs達成に向けた協業に取り組んでいく。

同市は企業、NPO、団体、教育機関、個人事業者などに呼びかけ、SDGs の理念を踏まえ、地域課題の解決や「誰一人取り残さない」持続可能なまちづくりに、共に手を携え取り組める「さがみはらSDGsパートナー」を募集している。

「さがみはらSDGsパートナー」制度は企業、NPO、団体、教育機関、行政などがSDGsを起点に連携を深め、豊かな自然環境とにぎわいのある街を次世代につないでいくための取組みを進めることや、一人ひとりの行動変容を促し、「誰一人取り残さない」持続可能な社会を実現するために、連携してSDGsの普及啓発に取り組むのが目的。

関連URL

「さがみはらSDGsパートナー」

多言語ユニバーサル情報配信ツール「MCCatalog+」

「UDフォント」

モリサワ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス