1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ウェブ解析士協会、英語で海外大学生向けオンライングロースハック講座を提供開始

2020年11月17日

ウェブ解析士協会、英語で海外大学生向けオンライングロースハック講座を提供開始

ウェブ解析士協会は16日、2021年3月まで、キリロム工科大学(カンボジア王国コンポンスプー州)の授業として、140名の日本人、カンボジア人の大学生に対して、Growth Hacking Course を提供すると発表した。同講座は3万9000千人以上が受験し、現在約1万人が資格を保持するウェブ解析士認定講座を中心にした講座で、英語版を提供する。

ウェブ解析士はすでに産業能率大学で単位授業として導入されているが、日本のデジタルマーケティング教育の講座が、オンラインで海外の大学で単位授業として導入された初の事例となる。

講座は全て英語を用いてオンラインで、週に1度はオンラインでライブ授業も行われる。さらにLearning Management SystemとしてMITやカルフォルニア大学でも採用されたオープンソースのMoodleを採用。いつでも受講生のペースで演習やディスカッションを体験することで、インタラクティブな授業を提供することができる。

授業内容は、ウェブ解析士公式テキスト2019年の英語版をもとにし、試験に合格すればウェブ解析士の認定を得ることができる「データ解析の学習」や、4人のチームに別れ、キリロム工科大学および観光事業を題材にデジタルマーケティングを実践できる「デジタルマーケティングの実践」、ブログやSNSで記事を掲載、集客した結果をGoogleアナリティクス等を活用しウェブ解析で改善点を発見し、次のマーケティングに活かす「カイゼン活動の体験」などが盛り込まれる。

ウェブ解析士協会Web Analytics Consultants Association(WACA)は、2010年からはじまった認定資格で現在日本・海外に合計で3万4千人を超える受講者がいるアジア最大のウェブ資格。地方創生を掲げ、事業の成果に導くウェブ解析を広く学ぶ機会の創出、就業及びビジネスマッチング機会の創造、若い世代へのウェブ解析に触れるチャンスを提供
している。

関連URL

ウェブ解析士協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス