1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 『青学専門塾』、生徒のモチベーションを可視化するAI導入

2020年11月25日

『青学専門塾』、生徒のモチベーションを可視化するAI導入

Nogifaが運営する『青学専門塾』は21日、塾生のモチベーション管理ツール、Motivation noteを開発・導入すると発表した。

Motivation noteの開発・導入により、塾内模試や行動計測等によって生徒のモチベーションを可視化し、高い状態を維持し続ける。

大学受験で確実に合格させるには、①現状を正確に把握し、②目標から逆算した計画を立て、③必ず計画を実行させることが必須。上記の①と②は難しくないという。ある程度、力のある塾であれば容易に可能。しかし③の必ず計画を実行させるというのはものすごく難易度が高い。なぜなら、ほとんどの生徒が、計画を実行するモチベーションを長期間保つことができないから。何を、どれだけやらなければいけないのかを明確に示されても、実行することができないため受験に失敗してしまうという。

世の中が、授業自体に価値が無い(安価で、質の高い動画授業や、参考書の充実)と気づき始めてから、自学自習メインの塾が増加。しかし、自学自習メインの塾が全てを解決した訳ではない。モチベーションを維持する仕組み(実行させる制度)として、週1のコーチングやチェックテストが存在しているだけで、理想論にしか過ぎないという。

もちろん、優れた仕組みだけでモチベーションを維持できる生徒はいるので、仕組みがあることは素晴らしい。問題なのは、仕組みや制度からこぼれ落ちた生徒に対して、即座にアプローチ出来ていないこと。現状の塾は、予め決められた仕組みや制度以上のことをしないという。

同社は、現在の逆転合格にフォーカした仕組みに加えて、テクノロジーを導入することによって、生徒のモチベーションを可視化し、モチベーションが下がった生徒に対して、即座にアプローチできるシステムを開発・導入する。

関連URL

青学専門塾

Nogifa

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス