1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. IBS、「オンライン授業づくり」に関する早大教授インタビュー記事を公開

2020年12月3日

IBS、「オンライン授業づくり」に関する早大教授インタビュー記事を公開

ワールド・ファミリー バイリンガルサイエンス研究所(IBS)は2日、「オンライン授業のポイント」などに関して、教育コミュニケーションや外国語教育を専門とする早稲田大学人間科学部・保崎則雄教授にインタビューし、考察した記事をまとめ公表した。

保崎教授は、2003年に開設し、ほとんどの課程をeラーニングで行う日本初の通信教育課程「早稲田大eスクール」で、約18年間、メディアコミュニケーションの授業をオンライン、オンデマンドで行っている。

保崎教授は、オンラインも対面も原点は動きや表情など、身体などを駆使して教える、伝えるという活動を真剣にやることだと言い、小学生は視覚刺激を中心に、音声はYouTubeやTikTokなどの動画を活用すべきだという。

また、「英語教師」のイメージを壊す必要性についてこういう。「発音なら、英語を教えているのだから、自分が発音を教えなければいけないと考えてしまうから先生が大変になりますし、そういう思い込みは却って学習者を不幸にするかもしれません。先生が一生懸命やるのはいいことですが、教育で肝心なことは、学習者である児童・生徒がどれだけ学んで身についているかです」

対面と違い、オンラインでは距離ができ、生徒がスマホをいじっていてもわからない。だからこそ教師が20分も30分もレクチャーする、というやり方ではなく、教師のレクチャーは5~10分の動画にして、それをもとに学習者側が書き込んだり、話し合ったりしながら学びにつなげていく、という授業デザインが必要だという。

さらに、「授業はこうでなければならない」を崩してみることも必要だという。「授業はこうでなければいけない、ということを一回崩してみて、自分の授業を徹底的に分析してみると、いろいろな抜けとか特色が見えてきたり、『自分はこれが得意だな』とわかってきたりする。すると、オンラインでうまくできるかどうかも見えてきます」

また保崎教授は、実際にオンライン授業を経験した場合、オンラインでうまくいったこと、やはり対面がいいもの、どちらがいいかわからないもの、この3つのことを記録しておくことが大切だという。

関連URL

考察記事の詳細

ワールド・ファミリーバイリンガル サイエンス研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス