1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 神田外語大など7大学、「7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座」をオンラインで無料開講

2020年12月8日

神田外語大など7大学、「7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座」をオンラインで無料開講

神田外語大学をはじめとする慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、立教大学、早稲田大学の7大学で構成される7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座実行委員会は、12月12日、13日の2日間、2020年度『7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座-スポーツを通じた社会貢献-』を開催する。

同講座は、スポーツを軸に社会・人文・自然科学分野の幅広い教養を高める機会の創出し、グローバル社会で活躍できる教養人の育成が目的。オリンピック及びパラリンピック、そしてスポーツやその関連分野に興味のある学生を対象に、「グローバル社会におけるスポーツの多様性」「東京2020大会の意義や21世紀のスポーツ」という2つのテーマの講座を開設。7大学の特色を生かしたコンテンツに。3回目の開催となる今年度は、コロナ禍における学生支援としてオンラインで開催し、特別に受講料は無料。

上記7大学が主催する同講座は今回で3回目。2018年度に第1回を開催してから、これまで通算150人以上が受講。

1日目は大学スポーツ協会会長で前早稲田大学総長の鎌田薫氏による特別講演『大学スポーツが目指す21世紀のスポーツ教育』、筑波大学教授の真田久氏による『オリンピック・パラリンピック歴史と教育』などを予定。

また、2日目には東京オリンピック・パラリンピック担当 国務大臣の橋本聖子氏による特別講演『東京2020大会にむけて』、2012年ロンドンオリンピック男子フルーレ団体で銀メダルを獲得した千田健太氏による『アスリートに学ぶ人間力』、東京大学先端科学技術研究センター教授の稲見昌彦氏による『ポストコロナの新しいスポーツの創造』など。

開催概要

開催日程:
<1日目>12月12日(土)
会場:オンラインキャンパス (Zoom)
テーマ:グローバル社会におけるスポーツの多様性
<2日目> 12月13日(日)
会場:オンラインキャンパス (Zoom)
テーマ:東京2020大会の意義や21世紀のスポーツ
対象・定員:大学生(200人)
受講料:無料(全2日間)※申し込みは締め切り。
詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス