1. トップ
  2. データ・資料
  3. LINEリサーチ、高校生の約4割がTikTokを利用

2020年12月16日

LINEリサーチ、高校生の約4割がTikTokを利用

LINEリサーチは14日、全国の高校1年生~3年生の男女を対象に、高校生のTikTok利用状況や人気のTikTokerなどについて調査した結果を発表した。

TikTokの認知度については、全体の98%がTikTokを知っており、男女ともに高い割合。特に女子高生はほぼ100%が知っていた。

実際にTikTokを使っているのは全体の38%で、およそ4割弱。男女別では、女子高生が46%、男子高生が30%と、女子高生の利用率が高い。

投稿や視聴の傾向を見てみると、TikTokに投稿をしている人は全体で6%しかいない。女子高生で約1割、男子高生では3%。投稿より視聴目的の方が多いのが特徴的。

TikTokを使う理由は、「暇つぶしになる」、「楽しい・面白い」、「流れてくる動画が面白い・好き」がTOP3。

好きなTikTokerについては、女子高生の1位はジャニーズ「ARASHI」。男子校生の1位は大学生TikTokerの「修一朗」だった。

もし日本でTikTokが使えなくなってしまったらどう思うかについては、TikTokを使っている高校生の53%、約半数が「使えなくなったら困る」と回答、そのうち「とても困る」と答えた割合は女子高生が高く、約3割だった。一方で「まったく困らない」と答えた割合は男子高生で高く、約2割。女子高生のほうがTikTokがなくなると困ると感じる人が多い。

今回の調査は、LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査で、11月12日~13日に実施したもの。有効回収数は1044サンプル。

調査結果の詳細

関連URL

LINEリサーチ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス