1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ウェブレッジ、教育コンテンツ検証サービス「GIGAスクール検証パッケージ」提供開始

2021年2月15日

ウェブレッジ、教育コンテンツ検証サービス「GIGAスクール検証パッケージ」提供開始

ウェブレッジは、GIGAスクール構想に則した教育コンテンツ開発向けのシステム検証サービス「GIGAスクール検証パッケージ」の提供を10日から開始した。

「GIGAスクール検証パッケージ」は、GIGAスクール構想に対応した実際の教室環境を同社保有の学校テストフィールド内に構築し、その環境下で教育ICTサービス・機器が安心安全で快適に動くかどうかを評価するサービス。学校テストフィールドは、廃校となった旧郡山市立大田小学校を活用した「学校型」実証実験施設。

GIGAスクール構想下の教育現場においては、教育ICTサービスや機器などが問題なく動くこと、学校内のネットワークで快適に通信がおこなえることが重要となる。

そこで今回同社では、GIGAスクール構想に則した教室と端末を用意し、リアルな学校型の実証実験環境でサービスの検証を実施する「GIGAスクール検証パッケージ」の提供を開始。
教育関連サービスや機器を提供するEdTech企業やメーカー企業が、サービスをリリースする前に、実際の教室を想定した環境下での動作確認や使いやすさの評価等を行うことができるという。テスト実施は同社のテストエンジニアが現地で行うので、打ち合わせも含め、すべてリモートで対応が可能。

特徴は、①実環境(本物の学校)で検証を実施、②GIGAスクール標準仕様端末を25台保有 ※今後も随時購入予定、③検証実績10年以上のウェブレッジ独自標準観点を使用して検証を実施。

パッケージ内容は、システム検証、多端末検証、相互接続性検証。保有端末は、Chromebook、iPad、Windows PC(各種メーカー)。※端末は随時追加予定。

また、学校型実証実験施設である学校テストフィールド(旧郡山市立大田小学校)は実際の視察が可能。これまでも文教関係者、メディアなど多数の視察実績があり、年間100団体の視察を見込んでいるという。※現地では新型コロナウイルス感染症対策を行っている。また、リモートでの視察も可能。詳細は問い合わせる。

問い合わせフォーム

関連URL

ウェブレッジ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス