1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. CODEGYM、学生1000名を対象にプログラミング学習を無償で提供するプロジェクト

2021年3月23日

CODEGYM、学生1000名を対象にプログラミング学習を無償で提供するプロジェクト

CODEGYMは22日、コロナ禍で学習・就職に影響を受けた学生1000名を対象に、無償で6カ月間のプログラミング教育を提供する支援プロジェクトを発表した。

プログラミング学習サービス「CODEGYM」を運営するLABOTと、NPO法人CLARKは、GMOインターネットグループ、スマレジをはじめとした28社からの協賛・協力のもと、最大1000名を対象にプログラミング学習を無償で提供する支援プロジェクト「CODEGYM Academy」を開始する。

米ハーバード大学の「CS50」をメイン教材として採用。コンピュータ・サイエンスの基礎的な知識からPython/Djangoを使ったWebアプリケーションの開発、ユーザーインターフェース、セキュリティやテストといった実践的なWeb開発スキルを身につける。600時間相当の学習を経て、初学者が国内IT/Web企業へのエンジニア就職を目指せる水準まで、キャリア支援を行う。カリキュラム終盤ではチームでの開発手法について学び、最終日にDEMO DAYを実施する。

また、専門家のキャリアアドバイザーなどと契約の上、カリキュラムの70%程度を終えた受講生から、就職活動の支援プログラムを開始する。カリキュラムの一環として、スポンサー企業に所属する先輩エンジニアや人事担当者との交流会などの機会を定期的に設定し、積極的なキャリア作りにつながる場を提供する。

授業は4月17日~9月25日の期間、毎週土曜日9:00~19:00に実施する。土曜日を含み、週あたり20~25時間を要する課題提出が必要となる。授業の進行はすべて日本語で行われ、英語教材の一部はライセンスに準拠し日本語に翻訳されたものを利用する。

エントリー受付は3月22日(月)~4月4日(日)。エントリーシートによる選考、Webテスト(適性試験)が実施される。

「CODEGYM Academy」公式Webサイトで、3月22日(月) から 4月4日(日) までエントリー受付。

関連URL

「CODEGYM Academy」

LABOT

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • スタディサプリ 塾・予備校向けサービス 無料オンライン説明会予約受付中
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス