1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エプソン、スマートチャージ「アカデミックプラン」が四国中央市の公立小中学校全26校に導入

2021年5月11日

エプソン、スマートチャージ「アカデミックプラン」が四国中央市の公立小中学校全26校に導入

エプソンは10日、学校向けサービスとして展開しているスマートチャージ「アカデミックプラン」が、愛媛県四国中央市教育委員会に採用され、同社のインクジェット複合機とインクジェットプリンター計50台が、同市内の小中学校全26校に導入されたと発表した。


スマートチャージは、プリントやコピーの使用状況に応じて、適したプランや機器を選べるサービス。2019年11月から、学校現場をターゲットにした「アカデミックプラン」を開始し、学校現場が抱える課題をプリンティングの視点で解決することを提案している。

同市は、児童生徒に配布したChromebookからも「円滑に印刷できること」、その際に「印刷渋滞を起こさないこと」を条件に機種を選定した結果、同社のスマートチャージ<LX>シリーズを採用。

3月1日から導入を開始したが、児童・生徒用全6512台のChromebookから自由に印刷できる環境を整備したのは全国的にも先進的な事例だという。

また、GIGAスクール構想を積極的に展開する中で、児童生徒の学力を向上させるためには、書く環境を大事にしながら、デジタル(1人1台端末)とアナログ(紙)の融合が効果的ではないか、との結論に至り、今回の導入となった。

例えば、筆記での高校入試を想定した場合「書く」ことを大事にした教育が重要であるという現場の声も大きなポイントとなっており、また、昨今のコロナ禍での持ち帰り教材としてのドリル印刷の活用も想定している。

同市が導入したのは、A3高速ラインインクジェット複合機「LX-10050MFシリーズ」、A3大容量インクジェット複合機「PX-M7080FX」、A3大容量インクジェットプリンター「PX-S7090X」の3機種。

関連URL

「アカデミックプラン」

四国中央市教育委員会

エプソン

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス