1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. エプソンの「スマートチャージ」、新潟・村上市立小中学校全20校が導入

2021年1月19日

エプソンの「スマートチャージ」、新潟・村上市立小中学校全20校が導入

エプソンは18日、同社の学校向けサービス「スマートチャージ」のアカデミックプランが、新潟県村上市教育委員会に採用され、昨年10月1日から同市内の小中学校全20校で運用が開始されたと発表した。


スマートチャージは、プリントやコピーの使用状況に応じて、適したプランや機器を選べるサービスで、2019年11月から学校現場をターゲットにした新プラン「アカデミックプラン」を開始。

同市は、小中学校のICT化に「学習面」、「校務面」、「インフラ面」の視点から積極的に取り組んでおり、その一環として今回、市立小中学校全20校に、A3高速ラインインクジェット複合機「LX-10050MFシリーズ」とA3大容量インクジェット複合機「PX-M7050FX」を各校1台ずつ導入した。

その結果、これまでは主にモノクロ印刷していた教材などをカラー印刷することで、写真や図表などのカラー化が実現し、より分かりやすい教材が作成できるようになった。

また今年度、小学校からスタートした新学習指導要領のプログラミングの授業などカラー出力が求められるカリキュラムでも、コストを心配せずに印刷ができるようになった。

さらに、高速ラインインクジェット複合機「LX-10050MFシリーズ」の導入で、100枚/分の高速出力が実現。今まで印刷機でしか実現できなかった高速印刷ができるようになった。

両面印刷や部単位印刷など手間のかかっていた作業も自動で行うことができ、教師の負荷も軽減。児童・生徒と向き合う時間が創出できたという。

関連URL

村上市教育委員会

「スマートチャージ」

「アカデミックプラン」

エプソン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス