1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、最大500台に接続可能なWi-Fi 6対応「無線LANアクセスポイント」発売

2021年1月19日

ヤマハ、最大500台に接続可能なWi-Fi 6対応「無線LANアクセスポイント」発売

ヤマハは18日、無線LANアクセスポイントの新製品「WLX413」と、そのオプションとしてPoEインジェクター「YPS-PoE-BT」を3月に発売すると発表した。

無線LANアクセスポイント『WLX413』

「WLX413」は、最新の無線規格「Wi-Fi 6」に対応し、トライバンドを搭載することで、大規模なオフィスや学校、ホテルなどに向けて、高速、多数端末接続、広範囲なワイヤレス環境を提供する無線LANアクセスポイント。

特にオフィスでは、Withコロナのソーシャルディスタンスやフリーアドレスなどを考慮したスペースのワイヤレス環境構築にも最適。

また、本体内蔵コントローラーによるオンプレミス(自社運用)型管理に加え、独自のクラウド型ネットワーク統合管理サービス「YNO」にも対応し、複数拠点の無線LANの一括管理も行える。

さらに、昨年7月発売の「WLX212」も一括して管理でき、設置環境に合わせて「WLX413」と「WLX212」を組み合わせた無線LAN環境の構築ができる。

一方、PoEインジェクター「YPS-PoE-BT」は、IEEE802.3bt(Class 6)に対応しており、最大60Wの給電ができる。

通信速度も10ギガビット/マルチギガビットに対応しており、Wi-Fi 6対応無線LANアクセスポイントや高機能なIPカメラなど、広帯域/大電力が必要なデバイスへのPoE給電用として利用できる。

また、底面に壁掛け用の十字穴を設けることで、現行の「YPS-PoE-AT」と比べ、情報分電盤の中などへの設置が容易になった。

製品概要

■無線LANアクセスポイント「WLX413」
発売時期:3月
色:ホワイト
本体価格(税抜):24万8000円
販売計画:5000台/年(従来モデル「WLX402」と併売予定)
詳細 https://www.yamaha.com/ja/news_release/2021/21011801/
■関連オプション(価格は全て税抜)
・電源アダプター「YPS-12V3A」7000円(発売中)
・PoEインジェクター「YPS-PoE-BT」3万4800円(3月発売)
・RJ-45コンソールケーブル「YRC-RJ45C」4800円(発売中)

関連URL

ヤマハ「無線LANアクセスポイント」製品情報

ヤマハ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
ヒヤッとしたら 一斉送信でうっかり 宛先間違い 添付ミス WISE Alert AIR COMPANY LIMITED
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 100万人の高校生が活用するICT教材
  • 通信環境の問題でお困りではありませんか? GIGAスクール構想対応 教育総合ポータル Learning Skeleton AI
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス