1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アライドテレシス、Wi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイントが「AWC」に対応

2021年3月30日

アライドテレシス、Wi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイントが「AWC」に対応

アライドテレシスは、同社が提供するWi-Fi 6対応無線LANアクセスポイント AT-TQ6602がファームウェアのバージョンアップにより、自律型無線LANソリューション「AWC」に対応し、26日から対象ファームウェア「Ver.7.0.0-1.3」のダウンロードサービス(同社ホームページから)を開始した。

AT-TQ6602は、2020年12月24日にリリースした新モデルの無線LANアクセスポイント製品。既存の無線LAN規格に比べ、高速大容量かつ低遅延の通信を実現する次世代無線LAN通信規格であるWi-Fi6(IEEE 802.11ax)に対応し、2.4GHz/ 5GHz帯の2ラジオを搭載・同時使用が可能。

4ストリーム上下方向MU-MIMOに対応し、従来規格と比べて約1.4倍と大幅に通信速度が増加し、大容量・高速通信を可能。また、単体で動作するスタンドアローンモードはもちろん、AT-Vista Manager EXによる集中管理にも対応し、幅広い用途に利用できる。

AWC(Autonomous Wave Control)は、無線エリア内の収集した電波状況をもとに、チャンネルや電波出力を自動的に調整する自律型無線LANソリューション。無線LAN環境において、その環境に不便さや不満に感じる理由の多くが「遅い」「途切れる」「つながらない」の3点だが、その原因は殆どの場合、電波干渉によるもの。AWCはアクセスポイント間のチャンネルや電波出力を自律的な調整を可能とし、電波干渉を最小化することで、安定した通信を実現する。

関連URL

アライドテレシス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス