1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI×アダプティブラーニング教材「すらら」、専門学校「岩崎学園」全校で導入

2021年5月18日

AI×アダプティブラーニング教材「すらら」、専門学校「岩崎学園」全校で導入

すららネットは17日、同社のAI×アダプティブラーニング教材「すらら」が、神奈川県内で7つの専門学校を運営する「岩崎学園」の全校で導入されたと発表した。

同学園は、横浜市にある教育機関で、1927年の横浜洋裁専門女学院設立以来90年余の歴史がありIT、ファッション、ビューティー、デザイン、CG、医療事務、リハビリ、看護、保育など幅広い専門分野の人材育成を行っている。

同学園では2020年度に、情報科学専門学校と横浜リハビリテーション専門学校で「すらら」による国語力向上に向けた取り組みをトライアルとして実施。

その結果、情報科学専門学校では、9~10月のトライアル実施期間でSPI対策の基礎となる中学分野の数学を「すらら」で学習し、対象者52人の学内テストの平均点が17点向上。

また、国家資格受験が必要な横浜リハビリテーション専門学校では、専門分野のテキストを理解するための基礎となる論理力的な読み解き方を「すらら」で学習し、対象者48人の学内テスト平均点が19点アップした。

こうしたトライアルの結果を踏まえ、同学園では、全7校の学生が小中高で学ぶ国数英理社の知識向上策として「すらら」で学習することを決め、5月から学習を始めている。

「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会 5教科の学習を、教師役のアニメキャラクターと一緒に、一人ひとりの理解度に合わせて進めることができるアダプティブな eラーニング教材。

小・中・高校、学習塾をはじめ、放課後等デイサービスなどでも活用が広がっており、リメディアル教育やSPI対策、国家資格試験に向けた読解力養成のため、大学や専門学校でも利用されている。

関連URL

岩崎学園

「すらら」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス