1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 岩崎学園、専門学校生が障がい者と周囲の円滑なコミュニケーション支援のアプリを制作

2021年10月1日

岩崎学園、専門学校生が障がい者と周囲の円滑なコミュニケーション支援のアプリを制作

岩崎学園 情報科学専門学校は9月29日、システム開発ゼミの学生が、「セイフティーネットプロジェクト横浜」と連携し制作した、障がい者のコミュニケーション支援アプリ「コミュニケーションカード」を、Google Play、AppStoreでリリースした。

「はい」「いいえ」や、「レジ袋はいりません」などの、日常のコミュニケーションが、イラストと文字で表現されたカードで、話し言葉によるコミュニケーションにバリアがある人が、相互にコミュニケーションをとる際に使用する。

従来は、ホームページ上の、カードのデータをプリントアウトして使用していたが、同校の学生が、アプリ制作に取り組んだ。

2019年4月から制作を開始、2020年2月には体験会でフィードバックを受けながら進めた。無料でダウンロードでき、頻繁に使用するカードを登録できる「お気に入り登録機能」や、場面に合わせたカードの組み合わせをリスト化できる「マイリスト機能」がある。インターネット通信を行わず、災害時などオフラインでも使用可能。

今後は、利用者がオリジナルカードを作成できる機能や、日本語と英語以外の、多言語への対応も進めるという。

AppStoreダウンロード

Google Playダウンロード

関連URL

岩崎学園 情報科学専門学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス