1. トップ
  2. データ・資料
  3. 受験生の保護者の66%がオンライン入試に肯定的 =サーティファイ調べ=

2021年10月1日

受験生の保護者の66%がオンライン入試に肯定的 =サーティファイ調べ=

サーティファイは9月29日、保護者の「オンライン入試」についての意識調査の結果を公表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、「保護者」が入試のオンライン化をどのように考えているか調査したところ、「オンライン入試を子どもが受験することについてどう思うか。」には、「とても良いと思う(16%)」「まあ良いと思う(50%)」「あまり良いとは思わない(27%)」「良いとは思わない(7%)」と回答。合計66%の保護者が肯定的、34%が否定的だった。

「とても良いと思う」「まあ良いと思う」と感じる理由は、「感染リスクが抑えられる(74%)」「交通費がかからない(70%)」「遠方でも受験しやすい(場所を問わない)(69%)」「緊張しにくい(25%)」「その他(1%)」。

「良くない」「あまり良くない」と感じる理由は、「不正ができそう(87%)」「受験可能な静かな個室環境がない(29%)」「設定に手間がかかりそう(27%)」「通信環境がない(Wi-Fiが用意できない)(12%)」「その他(7%)」で、”不正”を懸念している87%の親の懸念が払拭されれば、最大で95%がオンライン入試に肯定的となる可能性がある。

調査はインターネットにより、期間は9月17日~18日。大学に昨年受験し入学している、また、1~5年以内に受験予定の学生の保護者が対象で、有効回答数は400だった。

同社は、オンライン試験システム「スマート入試」を提供している。

アンケート結果請求

関連URL

スマート入試

サーティファイ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス