1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 神戸市、「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口を6月1日から設置

2021年5月18日

神戸市、「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口を6月1日から設置

神戸市は17日、社会問題化する通称「ヤングケアラー」の支援に向けたプロジェクトの一環として、20代の人も含めた「こども・若者ケアラー」の相談・支援窓口を6月1日から設置すると発表した。


同窓口では、当事者の「こども・若者ケアラー」はもちろん、関係者からの相談を受け付け、ケースに応じた支援へとつなげていく。また、関係機関及び関係者の共通認識を図ることを目的にマニュアルも作成。

同市がいう「こども・若者ケアラー」とは、障がいや病気のある家族、幼いきょうだいなど、ケアを必要とする人がいるために、本来大人が担うと想定されているような家事や家族の世話などを日常的に行っている子どもや若者のこと。

ヤングケアラーは一般的に18歳未満の児童を指すが、同市では20代も含めて、「こども・若者ケアラー」と呼んでいる。

窓口設置の概要

開設日:6月1日(火)
設置場所:神戸市総合福祉センター1階[神戸市中央区橘通3丁目4番1号]
相談受付:
①受付時間:平日9:00~17:00(祝日・年末年始除く)
②受付方法:(6月1日から開通)
・電話:078‐361‐7600
・Eメール:carer_shien@office.city.kobe.lg.jp
・来所
対応業務:
・相談への対応、相談ケースに応じた支援方針や支援計画の検討・決定
・介護保険サービスや障害福祉サービスなどの公的サービスの活用に向けた調整
・家族に対するアプローチ
・学校などにおける見守り、寄り添い
・ケアラー同士の交流・情報交換のための居場所づくり(年度後半を予定)

関連URL

「こども・若者ケアラー」

「こども・若者ケアラー」支援マニュアル

神戸市

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi Welcome to talk共催 コロナ禍のメンタルヘルスケア対策 “明日使える”生徒指導のポイント 6/25(金) 16:00~ 無料
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • turnitin 無料eBook配布中 「アカデミック・インテグリティとは? その役割と重要性について」 無料ダウンロード
  • オンライン受検実施 AI検定 公開試験日 2021年8月1日(日) 情報処理能力認定委員会 サーティファイ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス