1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. TAGRE、プログラミング学習環境「x-editor」提供開始

2021年6月3日

TAGRE、プログラミング学習環境「x-editor」提供開始

TAGREは1日、プログラミング学習環境「x-editor」の提供を開始した。

段階的なステップアップ

ブロックで作ったプログラムとPythonコードの双方向変換が可能で、Pythonなどの本格的なプログラム言語に入る前に、プログラム言語の言語構造を学ぶことができる。

Scratchなどのビジュアルプログラミングツールとは異なり、画面の左右にブロックとプログラムコードが並んで表示され、ブロックを組み立てるとリアルタイムにPythonのコードに変換。ブロックとコードの対応が見えやすく、コードをブラックボックス化せずにビジュアルプログラミングで学習することができるという。

コードを書き換えるとブロックがリアルタイムに生成され、書き換えたコードが文法的におかしい場合は生成されないので、間違っていることがすぐにわかる。

また、実際にテキストプログラミングで存在する命令のみを採用し、コードとブロックが一対一で対応するように設計されていて、ブロックを使って覚えたアルゴリズムをそのままテキストプログラミングでも活かすことができるという。

価格は、サーバ占有が4000円/月。サーバ共有が1000円/月。個人利用にはフリープランもある。

個人の申込み

関連URL

x-editor

TAGRE

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス