1. トップ
  2. データ・資料
  3. 発達障がいグレーゾーン低学年の集団生活の困りごと=パステルコミュニケーション調べ=

2021年6月8日

発達障がいグレーゾーン低学年の集団生活の困りごと=パステルコミュニケーション調べ=

パステルコミュニケーションは、発達障がいグレーゾーンの幼稚園児・小学生を持つ保護者を対象に「発達障がいグレーゾーンの子の集団生活における人とのかかわりに関するアンケート」を実施し、そのうち小学校低学年の解析結果を7日に公表した。

調査では小学校低学年の子どもを持つ82名からの回答をまとめている。それによると、92%以上の回答者が小学校の集団生活で困りごとがあると回答。具体的にどんな困りごとがあるのか、特に人とのかかわりについて当てはまるものを3つ答えてもらったところ、1位「感情的になると気持ちが切り替えられない」34%、2位「一斉指示に従えない」28%、3位「自分の話を一方的にしてしまう」「自分から友達の輪に加われない」ともに27%、などが上位を占めた。

大きく分けて、自分の気持ちや思いを感じて適切に行動する力、他の人の気持ちに配慮して行動する力、指示を聞いたりして周りに合わせて行動する力に関わる困りごとが、低学年では特に目立っていることが窺える。

資料では、さらにそれぞれに困りごとにつき、自閉症スペクトラム(ASD)タイプ、混合タイプ、注意欠陥多動性障がい(ADHD)タイプ、定型発達タイプなど、子どもの発達タイプ別に分析している。

関連URL

調査結果の詳細

パステルコミュニケーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス