1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. コードモンキーJP、未就学児~小学校低学年向けのプログラミング教材をアップデート

2021年6月15日

コードモンキーJP、未就学児~小学校低学年向けのプログラミング教材をアップデート

ジャパン・トゥエンティワンは14日、Webサイト「コードモンキーJP」で販売しているプログラミング教材「ビーバー・アチーバー」の内容を大幅にアップデートした。

ひらがなを用いたビジュアルプログラミングで学べる「コードモンキー/ビーバー・アチーバー」

「コードモンキー/ビーバー・アチーバー」は、コードモンキー・スタジオ社の「コードモンキー/コードの冒険」と同じく、PCやタブレットのブラウザ上で動作するインストール不要のプログラミング教材。未就学児から小学校低学年を主な対象に、Scratchに代表されるビジュアルプログラミングを採用し、マウスやタッチ操作でブロックを並べることでプログラミングを学べる。

3つのサブコースに分かれ、サブコースを構成する各ステージは1分~5分程度で解けるパズル形式となっている。今回のアップデートで総ステージ数は55から115と従来の2倍となった。また、追加されたステージはより応用的な学習内容で、ストーリー的にも後日譚となっている。

「コードモンキー/ビーバー・アチーバー」6カ月サブスクリプションは3960円(税込)。すでに同コースのサブスクリプションを購入しているユーザーは、アップデート版を追加料金なしで楽しむことができる。

同社では、昨年度に続き経済産業省「EdTech導入補助金2021」への参加申請を予定しており、ともに実証事業に参加できる小中高等学校、特別支援校、高等専門学校、教育支援センター、フリースクールなどを募集している。

関連URL

「コードモンキーJP」

ジャパン・トゥエンティワン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス