1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. J21、コードモンキーJPで未就学児向け「無料プログラミング教材」をリリース

2019年12月28日

J21、コードモンキーJPで未就学児向け「無料プログラミング教材」をリリース

ジャパン・トゥエンティワン(J21)は27日、同社のWebサイト「コードモンキーJP」で、未就学児を対象としたプログラミング教材「コードモンキーJr.・日本語版」の無償提供を開始した。

「コードモンキーJr.」は、全国の小中学校や高校、専門学校、プログラミング教室、個人や家庭で利用されているコードモンキー・スタジオ社(イスラエル)の「コードモンキー/コードの冒険」と同様、PCのブラウザ上で動作するインストール不要のプログラミング教材。

対象は主に未就学児。Scratchに代表されるビジュアルプログラミングを採用しており、マウスやタッチ操作でブロックを並べることでプログラミングの基礎が楽しく学べる。

ひらがな・カタカナを使用したブロックを組み合わせてプログラミングを行う、主に小学2年生までを対象とするビジュアルプログラミング教材「ビーバー・アチーバー」に対し、矢印などの簡単な記号だけを使用した「コードモンキーJr.」は、より低い年齢層向けの教材だという。

絵本のように色鮮やかなステージを通して、順序やループなどのプログラミングの基礎を学ぶことができる。

世界累計1000万人のユーザーが利用している人気タイトル「コードの冒険」の「課題解決型教材」を継承。全てのバナナを集めて宝箱を開けるというミッションに従い、サルのモンタをコントロールするコードブロックを並べてプログラミングを行う。

「コードモンキーJr.」のリリースで、「コードモンキー」シリーズは、4歳~中学2年生以上の幅広い年齢層に対応するプログラミング教材になる。

関連URL

コードモンキーJr.

コードモンキー

J21

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス