1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 授業支援クラウド「スクールタクト」、東海大付属高輪台高・中等部が全学導入

2021年6月25日

授業支援クラウド「スクールタクト」、東海大付属高輪台高・中等部が全学導入

コードタクトは24日、同社の授業支援クラウド「スクールタクト」が、東海大付属高輪台高校・中等部の全6学年で導入されたと発表した。

同校では、早期から校内のICT教育に力を入れていたが、「授業中の生徒の取り組みを把握するのに机間巡視では限界がある」などの課題を抱えており、それらを解決するシステムとしてスクールタクトの採用を決定。

2019年度の新入生からBYODによる1人1台環境で、スクールタクトを活用してきたが、今回、その利用を拡大。全学で活用することにした。

同校では当初、「使えるときに使う」という方針だったが、席が近い教員や同じ教科の教員同士で使い方を尋ね合ったり、ワークシートを共有するなどしながら、活用が進んだという。

全学導入の4月以降は、月に1000程度の課題を作成して毎日利用。紙を使わなくなり、スクールタクトだけで実施するようになった授業もある。

生徒たちの手書きのノート類は破棄してしまう場合も多いが、スクールタクトは授業内容を保管しておけるので、学習の振り返りや予習復習にも役立つ。同校では、将来的には、ノートを使わなくても、タブレット1台で登校できる状況にしたいと考えている。

同校で利用しているサービスは「ClassiNOTE」という名称だが、これはClassiユーザー用に提供しているスクールタクトの別名称で、システム上の違いはない。

スクールタクトは、機種を問わずにICTを活用した授業ができる授業支援クラウド。文科省、総務省、内閣府をはじめとする様々なICT教育の実証プログラムに採択されており、国公私立問わず800校を超える小・中・高・大学、そして教育委員会が導入している。

関連URL

「導入事例」

東海大付属高輪台高校・中等部

「スクールタクト」

コードタクト

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス