1. トップ
  2. 学校・団体
  3. バイテク情報普及会、「第5回高校生科学教育大賞」の授賞校を発表

2021年7月7日

バイテク情報普及会、「第5回高校生科学教育大賞」の授賞校を発表

バイテク情報普及会は6日、高校生の農業とバイオテクノロジーの理解促進につながる科学教育活動を支援する「第5回高校生科学教育大賞」の受賞校を決定し、発表した。


同大賞は、高校生に「植物バイオテクノロジー」と「持続可能な農業」についてより深く学び考えるきっかけにしてもらうことを目的に、2017年に創設。支援対象となる科学教育活動を公募し、採択校にはその活動費用として1校につき最大100万円を支援する。

第5回となる今年は、全国各地の高校から合計19件の応募があったが、「最優秀賞」には、昭和学院中・高校(千葉・市川市)の「学内植物工場設立を目指した分子生物実験環境の構築とPCR 実験講座の開講」が選ばれ、活動支援金として100万円を給付。

「生徒が運営に携わる植物工場」を校内に設立することを目指した活動計画は、基礎と応用がバランスよく盛り込まれており、既に保有する設備を効率よく活用する点、実験などを学内だけでなく同校を受験する小・中学生を対象としたオープンキャンパスでも行うなど、その波及効果も大きく期待できる点が高く評価され、最優秀賞を授賞した。

また、「優秀賞」には、貞静学園高校(東京・文京区)の「茗荷谷のミョウガはどこだ?~バイオテクノロジーを応用した遺伝資源の探索と育種・育苗~」、山形県立置賜農業高校(山形・川西町)の「植物バイオテクノロジー学習を活かしたウイルスフリーダリア(無病苗)普及拡大への挑戦」が選ばれ、それぞれ支援金として10万円を給付。

このほか、審査員特別賞(図書カード1万円)として、広島県立西条農業高校(広島・東広島市)と、大阪教育大学附属高天王寺校舎(大阪・大阪市)の2校が選ばれた。

バイテク情報普及会は、植物科学やバイテク作物の開発企業で構成する国際組織「クロップライフ・インターナショナル」(本部:ブリュッセル)傘下の任意団体で、2001年10月1日に設立。

「受賞校」の詳細

関連URL

バイテク情報普及会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用パソコンのログインセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • GIGAスクール端末のお困りごとを解決!!! 24時間365日受付 何かあれば電話一本で! Warranty technology
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス