1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 全国の小中20校に「アンコンシャスバイアス授業」を無償提供

2021年7月13日

全国の小中20校に「アンコンシャスバイアス授業」を無償提供

アンコンシャスバイアス研究所は12日、小・中学生向けに開発した「アンコンシャスバイアス授業」のプログラムを、全国の小・中学校先着20校に無償提供すると発表した。

「アンコンシャスバイアス」(unconscious bias)は、無意識の偏ったモノの見方のこと。日本語では、「無意識の思い込み」「無意識バイアス」「無意識の偏見」など様々に表現。

企業・自治体・各種団体などでは、ダイバーシティ&インクルージョンの推進、イノベーションの実現、キャリアデザイン、人権啓発のためになど、様々な文脈で、アンコンシャスバイアスを学ぶプログラムが注目を集め、導入されている。

同研究所が今回開発したアンコンシャスバイアス授業は、「自分も含めた一人ひとりを大切にしよう」といった心を育んだり、「SDGsのジェンダー平等、不平等を無くす、平和と公正、パートナシップの重要性に気づくきっかけ」を提供したり、「自らの可能性を信じるキャリア教育(進学・進路などの将来)」へ繋げるなど、子どもたちの可能性の幅をひろげるための機会を提供する。

今後は、教員向けの研修・講座のほか、教員による子どもたちへのアンコンシャスバイアス授業の実施支援講座も、提供予定。

無償提供の概要

対象学校:全国の小・中学校(公立・国立・私立)
実施学年:小学5・6年生、中学1・2・3年生
授業期間:9月〜2022年3月
無償提供枠:無償での出前授業は先着20校(授業説明会に参加した学校から順に受付)
応募条件:
・無償授業の申込みには、1校1人以上の教員が「授業説明会」に参加する
・授業後は、導入実績校としてHPなどで紹介
応募方法:7月20日(火)から「授業説明会」の受付をスタート
問合わせ

詳細・申込

「アンコンシャスバイアス授業」の概要
実施方法:オンライン授業と対面授業(地域によってはオンラインだけ)
担当講師:アンコンシャスバイアス研究所の認定トレーナー
授業枠:「道徳」、「総合的な学習の時間」、「SDGsに関する授業」など
授業回数:個別相談(1〜2回の授業カリキュラム)

関連URL

アンコンシャスバイアス研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス