1. トップ
  2. 学校・団体
  3. IIBC、2020年TOEIC「Speaking&Writing Tests」の結果を発表

2021年8月17日

IIBC、2020年TOEIC「Speaking&Writing Tests」の結果を発表

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は16日、TOEIC Programを開発している「ETS」がまとめた2020年(1月~12月)の世界の「TOEIC Speaking&Writing Tests」(TOEIC S&W)の受験者スコアと受験者が回答したアンケート結果を発表した。

TOEIC(R) S&W国別平均スコア(2020年) ※年間の総受験者数が50名以上の国を掲載

このデータは、世界における2020年のTOEIC S&W公開テストと団体特別受験制度の受験者が回答したアンケート結果をまとめたもので、Speaking TestとWriting Testの各最高スコアは200点だった。

また、 S&W国別平均スコアでは、年間の総受験者数が50人以上の国を掲載しており、日本の平均スコアはSpeaking114点、Writing133点だった。

「TOEIC S&W」は、日常生活やグローバルビジネスでの活きたコミュニケーションに必要な「英語で話す・書く能力」を測定するテスト。テスト開発機関「ETS」の認定を受けた複数の採点者が公平に採点し、合否ではなく、0点~200点までのスコアで評価する。

S&W受験者の特徴

■「TOEIC Speaking Test」
•学歴(最終学歴もしくは受験時在学)で最も多いのは「大学卒」または「大学在学中」で72%
•専攻で最も多いのは「工学」39%で、「教養学」は18%、「経営学」は15%
•英語学習期間が「4年以下」の受験者が多数を占める国は、エルサルバドル(97%)、パナマ(85%)、コスタリカ(59%)で、「10年超」の受験者が多い国・地域は、アルゼンチン(70%)、台湾(65%)、フィリピン(61%)、韓国(60%)、日本(55%)
•40%が英語学習の際に重要視する技能は4技能すべて「リスニング、リーディング、スピーキング&ライティング」と回答
•47%が英語でのやりとりに「時々」苦労すると回答
•受験目的は51%が「就職活動のため」、22%が「昇進・昇格のため」と回答
■「TOEIC Writing Test」
•学歴(最終学歴もしくは受験時在学)で最も多いのは「大学卒」または「大学在学中」で54%
•専攻で最も多いのは「教養学」26%で、「工学」は19%、「経営学」は17%
•72%が6年以上の英語学習経験有り
•31%が英語学習の際に重要視する技能は4技能すべて「リスニング、リーディング、スピーキング&ライティング」と回答
•43%が英語でのやりとりに「時々」苦労すると回答
•受験目的は、30%が「就職活動のため」、26%が「英語学習のため」、21%が「卒業に必要なため」と回答

関連URL

「Speaking&Writing Tests結果」の詳細

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
事前登録制 お申し込み受付中 Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00-
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス