1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. IIBC、「2019年TOEIC S&W」の世界の受験者スコアとアンケート結果を発表

2020年7月10日

IIBC、「2019年TOEIC S&W」の世界の受験者スコアとアンケート結果を発表

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は9日、TOEIC Programを開発しているEducational Testing Service(ETS)がまとめた、2019年(1月~12月)の世界における「TOEIC Speaking & Writing Tests」(TOEIC S&W)の受験者スコアと受験者のアンケート結果を発表した。


「TOEIC S&W」は、日常生活やグローバルビジネスにおける活きたコミュニケーションに必要な「英語で話す・書く能力」を測定するテスト。

テスト開発機関のETSの認定を受けた複数の採点者が公平に採点し、合否ではなく、0点~200点までのスコアで評価する。

また、発音・イントネーション/アクセントについても3段階で評価を知ることができる。2019年度の日本における受験者数は3万8千人。

主な結果

■「TOEIC Speaking Test」
受験者の特徴:
•学歴(最終学歴もしくは受験時在学)で最も多いのは大学卒または大学在学中(71%)
•専攻で最も多いのは「工学」で38%、「教養学」は20%、「経営学」は15%
•就業者の業種では39%が「製造業」で、25%が「サービス業」
•81%が6年以上の英語学習経験有り
•最も頻繁に使用する英語技能として、22%が「リスニングとスピーキング」を選択
• 47%が英語でのやりとりに「時々」苦労すると回答
• 受験目的は52%が「就職活動のため」、20%が「昇進・昇格のため」と回答
国・地域別平均スコア:
•地域別の平均スコアは高い順に、ヨーロッパ→北米(含メキシコ)→アジア
•日本の平均スコアは112点
■「TOEIC Writing Test」
受験者の特徴:
•学歴(最終学歴もしくは受験時在学)で最も多いのは大学卒または大学在学中(55%)
•専攻で最も多いのは「教養学」で27%、「工学」は21%、「経営学」は17%
•就業者の業種では「サービス業」が33%、「製造業」が26%
•75%が6年以上の英語学習経験有り
•43%が英語でのやりとりに「時々」苦労すると回答
•23%は「6カ月以上の英語圏滞在経験者」
•受験目的については、28%が「英語学習のため」、27%が「就職活動のため」、21%が「卒業に必要なため」と回答
国・地域別平均スコア:
•地域別の平均スコアは高い順に、ヨーロッパ→北米→アジア
•日本の平均スコアは132点
詳細

関連URL

国際ビジネスコミュニケーション協会

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス