1. トップ
  2. 学校・団体
  3. IIBC、TOEIC S&W 日本の平均スコアは、Speaking111点 / Writing132点

2022年7月21日

IIBC、TOEIC S&W 日本の平均スコアは、Speaking111点 / Writing132点

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は19日、2021年の世界におけるTOEIC Speaking & Writing Tests受験者スコアとアンケート結果を発表した。

日本の平均スコアは、Speaking111点、Writing132点。(最高スコアはそれぞれ200点。


TOEIC S&Wは、日常生活やグローバルビジネスにおける活きたコミュニケーションに必要な”英語で話す・書く能力”を測定するテスト。合否ではなく、0点から200点までのスコアで評価する。TOEIC L&R同様、日常生活やビジネスの場面が採用されている。

TOEIC Speaking & Writing Tests受験者の特徴
<TOEIC Speaking Test>
•学歴(最終学歴もしくは受験時在学)で最も多いのは「大学卒」または「大学在学中」(69%)
•専攻で最も多いのは「工学」で41%、「教養学」は18%、「経営学」は14%
•就業者の業種は、42%が「製造業」で20%が「サービス業」
•40%が英語学習の際に重要視する技能は4技能すべてと回答
•受験目的は47%が「就職活動のため」、25%が「昇進・昇格のため」と回答

<TOEIC Writing Test>
•学歴(最終学歴もしくは受験時在学)で最も多いのは「大学卒」または「大学在学中」(50%)
•専攻で最も多いのは「教養学」で31%、「工学」は14%、「経営学」は18%
•就業者の業種は29%が「サービス業」で、21%が「製造業」
•29%が英語学習の際に重要視する技能は4技能すべてと回答
•受験目的は、30%が「就職活動のため」、27%が「英語学習のため」、21%が「卒業に必要なため」と回答

「2021 Report on Test Takers Worldwide : TOEIC Speaking & Writing Tests」

関連URL

国際ビジネスコミュニケーション協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス