1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2018年「TOEIC Listening & Reading公開テスト」全都道府県別の平均点発表

2019年7月5日

2018年「TOEIC Listening & Reading公開テスト」全都道府県別の平均点発表

日本でTOEIC Programを実施・運営する「国際ビジネスコミュニケーション協会」(IIBC)は4日、2018年度の「TOEIC Listening&Reading公開テスト」の全都道府県別平均点を発表した。

0705-tfl
それによると、2018年度の同公開テストの全受験者数は97万9474人で、平均スコアは580だった。

平均スコアが高かったのは、東京都612.4(受験者数31万7157人)、京都府596.9(同3万1644人)、神奈川県588.0(同10万6423人)、茨城県578.0(同1万4072人)、兵庫県576.0(同3万9545人)など。

「TOEIC Listening & Reading Test」(TOEIC L&R)は、日常生活やグローバルビジネスにおける活きたコミュニケーションに必要な「英語で聞く・読む能力」を測定するテスト。

テスト結果は10点~990点までのスコアで評価され、その評価の基準は常に一定に保たれる。企業・団体では昇進・昇格の要件として、また社員の採用の際などに参考にされている。

学校でも入試や単位認定などで広く活用されている。2018年度の日本の受験者数は245.6万人。

TOEIC Programは、「TOEIC Listening & Reading Test」、「TOEIC Speaking & Writing Tests」、「TOEIC Bridge Listening & Reading Tests」、「TOEIC Bridge Speaking & Writing Tests」の総称。4テストを合わせた世界のTOEIC Program受験者数は年間約700万人、160カ国で実施されている。

関連URL

2018年度「TOEIC Listening&Reading公開テスト」結果の詳細

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス