1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 神奈川工科大学、「U18 IT夢コンテスト2021」最終審査会結果を発表

2021年8月25日

神奈川工科大学、「U18 IT夢コンテスト2021」最終審査会結果を発表

神奈川工科大学は23日、「U18 IT夢コンテスト2021」最終審査会の結果を発表した。158応募作品の中から国立東京工業大学附属科学技術高等学校「吹奏楽練習支援システム CONDUCTOR」が最優秀賞を受賞した。

今年で11回目の開催となる同大学が主催するIT夢コンテストは、全国の中学生・高校生・高専生(3年生以下)を対象に、IT(情報技術)で実現できる未来の社会や新たなサービスなどに関する「夢」を語ってもらうコンテスト。コンテストを通して、中学生・高校生・高専生のITに対する理解や興味を高め、創造力・問題発見能力・コミュニケーション能力を養うことを目的としている。

8月21日に、158応募作品(37校)の中から創造性・個性豊かな15作品(12校)が最終審査会への進出。書類審査員からのコメントを参考にして提案内容にさらに磨きを掛けて、最終審査会の発表に臨んだ。最終審査会は、Zoomによるオンラインで開催。生徒はあらかじめ16ページ以内で準備した原稿をもとに、審査員に対して、5分間で提案内容を発表。発表内容だけでなく、発表の様子や質疑応答も含めて審査した結果、各賞が決定した。

今年の最優秀賞は、従来の「メトロノーム」を改良し「テンポ」「音量」「駆動方法」「演奏記号」を、自動変更・電子制御・表現可能にするアイディアを考案した、国立東京工業大学附属科学技術高等学校が受賞した。また優秀賞(神奈川県教育長賞)は、国立兵庫教育大学附属中学校「次世代パーソナルモビリティ~障がい者と健常者の差別をなくす~」、優秀賞(神奈川新聞社賞)は、国立東京工業大学附属科学技術高等学校「置き配BOX~その荷物、僕が受け取ります!~」、優秀賞(神奈川県私立中学高等学校協会理事長賞)は、東京都立葛飾総合高等学校「点字リング~誰でも点字を読める時代に~」が選ばれた。

関連URL

「IT夢コンテスト2021」

神奈川工科大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス