1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 神奈川工科大学、「U18 IT夢コンテスト2022」最終審査会結果を発表

2022年8月25日

神奈川工科大学、「U18 IT夢コンテスト2022」最終審査会結果を発表

神奈川工科大学は「U18 IT夢コンテスト2022」最終審査会結果を発表した。最優秀賞は震災シミュレーションをテーマにした聖心女子学院高等科の大迫里緒さんが受賞した。

今年で12回目の開催となる、同大学が主催するIT夢コンテストは、全国の中学生・高校生・高専生(3年生以下)を対象に、IT(情報技術)で実現できる未来の社会や新たなサービスなどに関する「夢」を語ってもらうコンテスト。コンテストを通して、中学生・高校生・高専生のITに対する理解や興味を高め、創造力・問題発見能力・コミュニケーション能力を養うことを目的としている。

147応募作品(51校)の中から最終審査会への進出が決まった、創造性・個性豊かな16作品(13校)が集結。各応募者は、書類審査員からのコメントを参考にして提案内容にさらに磨きを掛けて、最終審査会の発表に臨んだ。

最終審査会は、昨年同様ZOOMを用いたオンラインとライブ配信で開催。生徒は全国からオンラインで参加。今年は事前に作成された動画を5分間流したあと、審査員と生徒の質疑応答が実施。発表内容だけでなく、質疑応答も含めて審査された。審査は同大学学長や教員など学内審査員6名、外部審査員3名で行われた。

最優秀賞(神奈川工科大学学長賞)は、東京都の聖心女子学院高等科の大迫里緒さん「震災シミュレーションゲーム」が受賞。優秀賞は、国立東京工業大学附属科学技術高等学校(代表)村瀬礼さんの「音声解析と動画認識の融合 ~動画解析によるキーボードの自動採譜ソフトの開発~」、蒼明学院中等部(岡山県)(代表)丸嶋麗さんの「痛くない注射器」、香川県立高松商業高等学校(代表)神野真優さんの「プラキング」が受賞。他にもIT夢コン実行委員長賞を明治大学付属明治高等学校(東京都)、優良賞を十文字高等学校 (東京都)、茨城県立東海高等学校が受賞した。

詳細

関連URL

神奈川工科大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス